栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

ドクターコース(小学5~6年生)2月前半実験レビュー
[錦糸町校]

D18020901.jpg
「おおー!風船が膨らんだ!」

栄光サイエンスラボの新学期が始まりました(^^)
ドクターコースの実験は、「呼吸の科学」です。

実験で作ったこの模型。
D18020902.jpg
ペットボトル内の風船が「肺」を表しています。
さて、この風船(肺)に空気を取り入れるためにはどうすればよいでしょうか?
D18020903.jpg
人工呼吸ですか ほかには?
D18020904.jpg
ゴム膜を下に引き下げると、ペットボトル内の気圧が下がり、外から空気が入りこんで風船は膨らみました! では、ゴム膜を上に押し上げると・・・
D18020905.jpg
「縮んだ!!」
私たちの体の中には、このゴム膜と同じ働きをする「横隔膜」という筋肉があります。
肺には筋肉がないため、自ら膨らんだり縮んだりできません。
そこで横隔膜を動かすことで、この模型と同じように、肺に空気を取り入れたり、 吐き出したりしているのです。

次に、吐く息(呼気)と吸う息(吸気)の違いについて考えました。
子供たちから出た意見は、「温度」「酸素と二酸化炭素の量」「におい」など。
違うところはいくつかありそうですね!
今回は、成分について調べてみました。
ペットボトルに石灰水を入れ、実験開始!
D18020906.jpg
まずは、吸気。
D18020907.jpg
うっすらと石灰水が白くにごっています。
空気中にも二酸化炭素が含まれているということですね!
次に、呼気を通してみると・・・
D18020908.jpg D18020909.jpg
「カルピスみたい!!」 吸気に比べて、呼気に含まれる二酸化炭素量は増えていることがわかりました。
「酸素についてはどうやって調べるの?」 新たな疑問が

最後に、肺活量チェック
D18020910.jpg

私たちが当たり前に行なっている呼吸ですが、意識してみると、横隔膜や胸が動いていることに気がつきます。 日々、何気なく行っていることに疑問を持つことは難しいです。
「息を吸うとお腹がふくらむのはなんで?」
「横隔膜がけいれんしておこる"しゃっくり"は、どうやったら止まるのだろう?」
「肺は、どのくらいの大きさなんだろう?」・・・
実験に取り組む中で、子どもたちにはたくさんの新たな疑問が生まれていました
ラボだけでなく、お家でも家族に実験を紹介し、一緒にやってみて、「なんでだろう?」をたくさん見つけてもらえたらなと思います!

さて、春休みには特別実験として、ブタの肺の解剖を行います
本物の肺に触れ、気管や血管なども観察します。
今回の実験で、肺について興味を持った子はもちろん、初めての子も参加OK!
一緒に肺のつくりについて迫っていきましょう

栄光サイエンスラボ 錦糸町校 荒谷