【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

生徒・保護者からの声

小学校1年生 飯野莉緒ちゃん・真未ちゃんとお母様へのインタビュー
[南浦和校]

南浦和校に通う小学校1年生の飯野莉緒ちゃん・真未ちゃんとお母様にインタビューをさせて頂きましたicon:ecstoramation

 

 

201212minamiurawa1.JPG

※左から富田先生、飯野莉緒ちゃん、飯野真未ちゃん、お母様

富田先生:こんにちは。本日はインタビューにご参加いただき、ありがとうございます。小学校1年生の莉緒ちゃん、真未ちゃんはまだ学校では「理科」をやっていないけれど、ラボの実験は好きかな?

真未ちゃん:好き!楽しい!アルコールランプを使うのが好き!

莉緒ちゃん:学校にアルコールランプの使い方の紙が置いてあるけど、もう知ってたよ!

富田先生:実験でやったことを覚えてくれてありがとう!素晴らしいことですね。いつもラボの帰り道にお母さんに実験のお話をしたりするのかな?

莉緒ちゃん:うん!

お母様:帰りの車の中でも、細かく話してくれるんです。話を聞いていると授業の様子がとてもよく伝わってきます。その日の実験も見せてくれるんですけど、運転中だからあとでね、と言っているんですけれどね(笑)

真未ちゃん:あと、おうちにラボのコーナーがあるの。

富田先生:ラボのコーナー?

お母様:実験で使ったものを置いておく場所があるんです。

富田先生:大切に取ってくれているんですね。2人ともありがとう!その中でもお気に入りの実験はあるかな?

莉緒ちゃん:雪の結晶がきれいで好き!
バチュラーコース:雪の結晶

真未ちゃん:空気の流れを作る実験が、不思議で面白かった!
バチュラーコース:空飛ぶ紙リング

富田先生:今日も持ってきてくれたんだね!今度のサイエンス学会でぜひ発表して、他の皆さんにも楽しさが伝わるといいね。さて、ここからはお母様にお伺いします。栄光サイエンスラボに通うことで、何かお2人が変わったなということはありますか?

お母様:聞く力がついたと思いますね。実験を行うので、先生の説明をしっかり聞かないといけませんから。それに、そこから集中力もついてきたな、と思います。

富田先生:やり方を理解しないとケガをしてしまうかもしれませんからね。お2人はいつもしっかり私の目を見て授業を受けていただいてますよ。

お母様:それと、サイエンス学会を通して話す力もついたと思います。

富田先生:お2人とも、おうちで作った「べっこうあめ」と「ろうそく」を持ってきてくれたね!オリジナルの工夫がたくさんあり、とても楽しく発表してくれましたね。
バチュラーコース:べっこうあめを作ろう

バチュラーコース:油をリサイクルしよう

莉緒ちゃん:次は、ポスターを指さしながら発表したいなあ。

真未ちゃん:私は声の大きさを変えてみたいなあ。

富田先生:2人とも次の目標があるんですね!では、それに向けて準備をがんばってみようか!そうやって何かを目指すことは、とても大切ですからね。

お母様:今後は学年に合わせた課題を実験を通して身につけてほしいと思いますね。

富田先生:そうですね。ぜひ、実験を通して「考える力」をつけていただければなと思います。これからも、莉緒ちゃん、真未ちゃんが科学に興味を持ち続けてくれるように私もがんばります!では、本日は、インタビューにお付き合いいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。