実験レビュー

  • バチュラーコース(小学1~2年生)2月前半実験レビュー「上皿てんびんをつかおう」

    上皿てんびんをつかおう!
    B2102101.jpg
    みなさんはてんびんを知っていますか
    今回は、1gの食塩をはかるために使用する、実験器具の名前や上皿てんびんの使い方を学びました!

     

    【実験1】上皿てんびんを使うには?

    まずは、準備が必要です。
    左右に同じだけてんびんが揺れて、2枚のお皿の重さがつりあうように、「調節ねじ」で調節します!
    「あ、いきすぎた...!」みんな真剣に、少しずつねじを巻きます。
    B2102102.jpg
    「よし!しっかりとつり合った!」

    これで、準備完了いえ、まだあります!
    上皿てんびんには、2枚の「皿」と、それを支える「腕」、お皿の重さを比べる「目盛り」と「針」があります。

    あれ?どうやって、1gぴったりの食塩をはかればいいのかな?
    実は、このままでははかれません! 「えー!」とみんなびっくり! でも、「分かった!」という人も!
    そう!てんびんは重さを比べる道具なので、重さの基準となる、おもりが必要なんです!

    では早速、重さの基準となる「分銅」をのせてみましょう。
    分銅は汚れると、ぴったりの重さではなくなるので、手で触らないようピンセットを使います。
    B2102103.jpg
    「あ、お皿がおもくなった!」
    分銅を片方のお皿にのせると、分銅をのせた方のお皿が重くなり、針がグイっと動きましたね!
    これで、分銅の重さと同じ重さの食塩をはかることができます!

    【実験2】食塩をはかろう!

    粉の薬をはかりたいときにつかうのは、「薬さじ」です。
    薬さじを使って、右側の空いている薬包紙の上に食塩を少しずつのせていきます! (左利きの人は右に分銅、左に食塩をのせます。)

    「あ、動いた!」
    だんだんと重くなってきて、てんびんがガタンッと動きましたね!
    B2102104.jpg
    「できた!ぴったりつり合った!」

    では、2g、3g...とどんどんおもりを重くして、はかってみよう!
    「あれ、分銅に3gがないよ?」 そう!実は、3gの分銅はありません!でも、大丈夫!
    「分かった!」お、みんな鋭いですね...!「1gと2gを使う!」その通りです

    分銅は、組み合わせると3gも4gもはかることができます!
    B2102105.jpg

    最後は片方のお皿をもう片方のお皿に重ねて、片付けましょう
    これで、上皿てんびんの使い方はバッチリですね!
    また、上皿てんびんなど、様々な実験器具を使って楽しく実験しましょう

    栄光サイエンスラボ 勝どき校 長谷川

    関連動画もご覧ください。




TOPへ