【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

イングリッシュコース(小学1~6年生)11月実験レビュー
[麻布十番校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さい
実験内容が、よりお分かり頂けます

11月のイングリッシュコースは「Recycling Oil」
身近な物質である油のさまざまな特徴を学び、油をリサイクルしてろうそくを作製する実験です

はじめに、水と油の関係について学ぶために、ビーカーに水と油をいっしょに入れたり、試験管に色水と油を入れて観察しました。
結果、油と水が分かれて油が上に来ます。
このことから水と油は混ざりにくいこと、水より油の方が軽いことがわかりました

2011E01.jpg
2011E02.jpg

続いて、水と油が一緒に入ったビーカーから油だけ紙に染み込ませて取り除くことに挑戦しました。
結果は、油だけ取り除くことはできず、油が海や川に流れだすと回収がむずかしいことがわかりました
このことから、使用済みの油は捨てずにリサイクルするのが良いということで、油を固めてろうそくを作製しました。

まず食用の油に凝固剤を入れてアルコールランプで加熱します2011E03.jpg

2011E04.jpg

凝固剤は常温で固体になる油ですが、加熱すると溶けて食用油と混ざります。
2011E05.jpg

溶けた油に色素と香料を入れて混ぜ、ガラス容器に移して芯を入れ冷水で冷やして固めます
2011E06.jpg

2011E07.jpg

2011E08.jpg

完成したロウソクに火を灯し教室を暗くすると、とてもきれいに光り輝いていました
2011E09.jpg

2011E10.jpg

油もロウソクも身近なものですが、その2つがリサイクルによってつながっていることを学び、環境問題やSDGsにも興味・関心を広げるきっかけになればよいと思います。

栄光サイエンスラボ麻布十番校 中森