【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

イングリッシュコース(小学1~6年生)6月実験レビュー
[センター北校]

6月のイングリッシュコースの実験は『Magical Air Cannon』です。
今回は、みんなで空気砲(Air Cannon)を作って空気(Air)の流れについて実験しました。

今回の実験で使う空気砲はこちらです。
E200601.JPG

空気が出てくる穴はこのようになっています。
E200602.JPG

ではさっそく空気を飛ばしてみましょう
ビニール袋に向かって飛ばしてみます...
E200603.JPG
あれ?空気があまりビニール袋に届いてないみたい
では、次に筒の先に小さな穴のついたボウルを取り付けて、空気が出る穴を小さくしてみます。
E200604.JPG

Good Job!大成功!!ビニール袋が激しく揺れました。穴が小さくなることで、空気(Air)が強く押し出されるのですね

続いて線香(incense stick)の煙を使って、空気の渦(Vortex)を観察してみます
E200605.JPG
◆線香の煙を空気砲の中に貯めこみます

さあ、発射させてみましょう!
なんと発射された煙はドーナツ(Dnnut)型になって出てきました!
E200606.png
空気砲から空気が押し出される時、小さい穴にひっかかる事が影響して空気の渦(Vortex)が生まれると考えられています。

次回の実験は"Mysterious Voltaic Batteries"です。電池のしくみにせまっていきましょう
それでは次回もお楽しみ

栄光サイエンスラボ センター北校 加藤