【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

ポストドクターコース(中学1~3年生)3月実験レビュー
[センター北校][ポストドクターコース(中学生)]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さい
実験内容が、よりお分かり頂けます

この世界のものには一般的に固体・液体・気体の3つの状態があります。
例えば、氷が溶けて水になり、その水がポットで加熱されて水蒸気になるように、ものの状態は温度によって決まります。
ここまでは小学校でも習う事ですが、今回は少し発展させてものの状態と温度について調べていきました。

◆固体から液体の変化
パルミチン酸という油の成分を使いました。試験管に入れたパルミチン酸を湯せんで加熱します。
PD17032303.JPG 
そしてパルミチン酸の状態を観察しつつ、30秒ごとに温度変化をグラフに記録していきます。
温度変化とともに試験管の中身にも変化が現れました。
PD17032304.JPG
試験管内のパルミチン酸が溶けてきましたね!
温度変化はどうだったのでしょうか。
「液体になってくると、温度上昇がにぶくなってきた。」
「全部液体になると、温度が急激に上昇した!」
良く観察できていますね

この現象をレストランで出される氷水で考えてみましょう。
氷水の水温は0℃であり、テーブルの上で空気によってどんどん温められていきます。
しかし、氷がある限り温度は0℃のまま変化しません。それは空気からの熱が、氷が水に変化するために全て使われるため、氷が残っている限り温度は変わらないのです。

◆液体から気体の変化
みりんの蒸留実験を行いました。
蒸留とは、沸点(物質が沸騰する温度)の違いを利用して、ものを分ける方法です。みりんの中には10%強のアルコールが含まれており、実験ではこのアルコールを取り出すことに挑戦しました。
PD200301.jpg
実はこの実験はかなり忙しく、3つの事を同時並行で行いました。
①30秒おきに温度変化を記録
②みりんの様子を確認
③蒸留によって出てきた液体の捕集
15分ほど頑張った後、3本の試験管に液体を集めることができました。
そして、この液体の正体を確かめるために指につけて様子を見たり、脱脂綿にしみこませてから火をつけました。
「1本目は、指につけるとスーッとするね。火をつけると、勢いよく燃えた」
「3本目は、水っぽい。火もつかないね」

この結果から、最初アルコールを取り出すことができ、後半は水が出てきたことが考えられました
この実験のように座学で理論を考えると複雑なことも実験によって体験すると理解のハードルが下がることがあります。これからも実際に手を動かしながら、楽しく知識を得ていきましょう

来月は「顕微鏡の使い方」です。お楽しみに

栄光サイエンスラボ センター北校 髙久