実験レビュー

  • バチュラーコース(小学1~2年生)10月前半実験レビュー「化石をはっくつしよう」

    今回の実験テーマは 化石をはっくつしよう
    B19101001.JPG

    「せんせいー!今日は何の化石をはっくつするの? 化石を持って帰れるの?」
    『何の化石をはっくつするのはまだひみつ!化石は持って帰れるよ。』

    今回の実験は、タイトルからどんなことをするのかがわかるので、とても楽しみにしていた子が多かったようです

    地中に残っている大昔の生き物の身体やその一部(骨や殻など)、足跡、巣の跡を化石と言います。 化石を調べると、化石ができたときの時代や環境を知ることができます

    早速、化石を発掘してみました。 何が出てくるかな?
    B19101002.JPG
    「あ、なんか硬いものがあった!」
    「白っぽいよ。」
    B19101003.JPG
    じゃーん サンゴの化石を取り出すことができましたね。 サンゴはあたたかくてきれいな海でしか生きることができません。 なので、サンゴの化石が出てきたら、そこはあたたかくてきれいな海だったことがわかります。

    もう1つの岩石も掘ってみました。 今度はなにが出てくるかな?

    「キラキラしてものがあった!」
    じゃじゃーん
    B19101004.JPG
    アンモナイトが出てきました アンモナイトは今から2億4500万年前の中生代に生きていました。 なので、アンモナイトの化石が出てきたら、その地層が中生代のものであることがわかります。

    発掘したアンモナイトを見比べてみました。
    B19101005.JPG
    同じアンモナイトでも大きさ・色・形がそれぞれ違っていましたね。
    「このアンモナイトとは運命の出逢いだね!大切にする

    その通りですね!全く同じ大きさ・色・形のアンモナイトの化石はありません。 是非、今回の実験でがんばって掘った化石を大切にしてくださいね

    栄光サイエンスラボ 練馬校 鈴木




TOPへ