【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

ドクターコース(小学5~6年生)2月前半実験レビュー
[センター北校]

今回の主役は「プラスチック」です。
私たちの生活に欠かすことのできないものですが、
どのように作られているのかを探りました

今、パッとみなさんの周りを見渡しても、プラスチックを見つけられる思います。
なぜ、プラスチックはこんなにもたくさん使われているのでしょうか?

軽い・丈夫である・水や薬品に強い・簡単に作れる・・・
これだけ見ても、とても便利な物質なので、非常にたくさんのプラスチックが使われるのも納得できます。

今回の実験では、熱硬化性樹脂というプラスチックで模型を作り、その性質を探りました!
まずは自分の指の模型作りです。

実は多くのプラスチックは形を作る時に、『型』を使います。
実験前にどんなもので型が作れそうか予想してもらいました。

「ゼリー?セメント?」・・・なかなか良いアイデアですね
今回は歯医者さんが歯型を取る時に使う「印象材」を使いました。

やり方は簡単で、印象材の粉末を水に溶き、クリーム状になったら自分の指をズブリ!

しばらくすると固まるので、指を抜いて型の完成です
D17020904.JPG
この穴が指の型です。

続いてプラスチックの材料となるものを混ぜていきます。
そして型に投入!
D17020905.JPG
最初は透明でしたが、時間が経つにつれて白く濁り・・・
D17020906.JPG
「あっ!白くなった
「しかも、コップが熱くなってる
そうなんです、今回使用したのは熱硬化性樹脂というプラスチックで、材料を混ぜる事で発熱し、その熱で硬くなる性質を持つプラスチックなのです。
ですからコップが熱くなり、しばらくすると白くなった部分はとても硬くなります!

そして出来上がったのが・・・
D190201.jpg
「おおーリアルー
指紋や指のしわまで細かく再現されており、ここまでリアルにできることに驚いていました。

プラスチック製品は私たちの生活になくてはならないほど、便利なものです。
その反面、自然分解されにくいという問題についても考えました。
今回の実験が、その問題を考えるきっかけになってくれたら、うれしいです。

栄光サイエンスラボ センター北校 髙久


z-kai group