実験レビュー

  • ドクターコース(小学5~6年生)9月後半実験レビュー「濃度と溶解度」

    今回の実験テーマは「濃度と溶解度」
    水に溶けたものについて探る実験です。

    まずは、ホウ酸と食塩を水に入れ、加熱しながら溶かします。
    水溶液①.jpg 水溶液②.jpg
    ◆左:加熱中 ◆右:100℃近くまで加熱したとき

    水を100℃近くまで加熱すると、ホウ酸も食塩も溶けきり、無色透明の水溶液になりました

    実は、物質が水に溶ける量は細かく調べられていて、それは「溶解度」と呼ばれます。
    一般的に、水の温度が高いほど物質の溶解度が高く(=たくさん溶ける)、
    今回の実験でも、データ通りに両方とも完全に溶けきる事を観察できました

    さて、今度はこのアツアツの溶液を、氷水で40℃になるまで冷やしてみました
    水溶液③.jpg
    そして、ビーカーを氷水から取り出してみると・・・
    水溶液④.jpg
    「あ!白い固体が沈殿している!」

    この白い個体の正体はなんだろう??
    溶解度のデータを調べてみます・・・すると水温を40℃にするとホウ酸が急激に溶けにくくなる事がわかりました。
    ということは・・・ホウ酸

    それを確かめるために、出てきた白い固体を乾燥させて顕微鏡で見てみると・・・

    ホウ酸の結晶.jpg

    「すごい!六角形の結晶がある
    「綺麗・・・そっか!これがホウ酸だ!」

    温度変化による溶けやすさの違いを利用して、結晶を取り出す方法がわかりましたね
    さらに、残った水溶液をろ過し、ろ液をアルコールランプで加熱しました

    濾過台.jpg ろ液加熱.jpg

    すると、再び白い固体の沈殿物が・・・
    水溶液⑤.jpg
    この沈殿物を取り出して、乾燥させ、顕微鏡で観察をしてみると・・・

    食塩の結晶.jpg
    「うわ!四角い模様が何重にも入った結晶がある
    「これって、食塩の結晶だよねこれも、きれいだな~

    水を蒸発させたことで、水の量が減り、溶けきれなくなった食塩が出てきましたのですね
    これで、ろ液の水を蒸発させることで、結晶を取り出す方法もわかりました

    今回の実験では、一度水に溶けた物質を再び「結晶」として取り出す方法を学びましたね
    食塩の結晶は、家でも作ることができます。結晶を「育てる」楽しさを味わってみてはいかがでしょうか




TOPへ