【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

電子工作コース(小学3~中学3年生)10月実験レビュー
[自由が丘校][電子工作コース]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容と合わせてご覧下さい
内容が、よりお分かり頂けます

「オリジナルマイクを作ろう」

今回は、トランジスタやコンデンサーマイクを利用してマイク作りに挑戦しました。

■実験1■ ~トランジスタのはたらき~
電気信号を増幅させるトランジスタを使うとLEDの光がどのように変化するのか実験しました。

トランジスタなし
17102801.jpg
▲「LEDがかすかに光っているように見えるような。。

トランジスタあり
17102802.jpg 17102803.jpg
▲「光が明るくなった

LEDの明るさを比較することで、トランジスタが電気信号を大きくしているということが確認できました。

■実験2■ ~オリジナルマイクを作ろう~
コンデンサーマイクやトランジスタを使用して、「オリジナルマイク」を作製しました。
空気の振動(声や音)を電気信号に変換し、トランジスタで信号を大きくすることで、マイクで拾った音声を大きくします。
また、「トランス」という回路に流れる電圧を調節する部品も初登場しました。

17102804.jpg 17102805.jpg
▲「指でこすった音や周りの声が大きく聞こえる

17102806.jpg
▲「コンデンサーのせいなのか、スピーカーからの振動も強いです

校長先生のお話や歌番組、ニュースなど「マイク」「スピーカー」は身の回りにあふれています。
そういった機材の内部で「トランジスタ」や「コンデンサーマイク」が大きな役割を担当していることを初めて知った生徒も多かったです。

子どもたちが日ごろ目にしてる電子機器のしくみについて、今後も回路を作りながら学んで欲しいと思います。

栄光サイエンスラボ 自由が丘校 大島