【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

夕日がきれいに見えるのは??(2010/12/12)

先生の故郷である栃木県足利市に流れる渡良瀬川ですicon:face_smile
ここにかかる渡良瀬橋から見る夕日はすごくきれいなんですicon:sun

渡良瀬橋から見る夕日でなくても、夕日はすごく神秘的ですicon:sparkling
夕日がきれいに見えるのにはある気象条件がありますicon:face_surprised
それは「逆転層」という現象ですicon:ecstoramation

空気はふつう、上空に行けば行くほど温度が下がります。山登りしていると頂上の方の気温が低いと感じることありますよねicon:ecstoramation
それが特にこの秋・冬にかけて風が弱いときに、「放射冷却」という現象がおこりやすくなりますicon:sparkling
「放射冷却」とは太陽が沈んだ夜間に、昼に温められた地表の熱が宇宙空間に逃げていく現象ですicon:ecstoramation
それがおこると下のほうが気温が低く、上のほうが気温が高くなる逆転現象が起こりますicon:face_surprised
これが「逆転層」ですicon:face_smile(細かくは「接地逆転層」といいます。)

この「逆転層」がおこると大気中に散らばっている細かいちりなどの濃度が高くなると言われていますicon:cursor_up
これによって光が反射しやすくなって夕日がよりきれいに見えるというわけですicon:face_smile
細かいちりがありすぎても「スモッグ」と呼ばれるのどをいためる現象につながってしまいますicon:face_surprised
そのためある程度きれいな空気が必要なんですicon:sparkling

10120802.JPG
それでも都会から見ても夕日はとても美しいものですicon:sparkling
いつまでもこの豊かな地球を大切にしていきたいですねicon:face_smile




栄光サイエンスラボ 池津