【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

サイエンティストインタビュー No.2 (2010/10/08)
[理系のお仕事紹介]

先生には大学院に残り、研究を続けている友人が沢山います。
その友人と会って近況報告をし合うと、
研究ってなんて楽しそうなんだろう!icon:face_love
世界には不思議な事が本当に沢山あるんだな!icon:face_shyと感じます。
それはきっと、友人自身が研究を楽しんでいて、
その魅力を語ってくれるからなんでしょうね!
今日はその中から、哺乳類の進化について研究中の友人を紹介します。

icon:cherry名前:岩崎 佐和(いわさき さわ)
icon:cherry所属:東京医科歯科大学 難治疾患研究所 エピジェネティクス分野
icon:cherry学位:大学院博士課程在学中

10091701.jpg

研究の為にオーストラリアへ行くこともあるそうです。

icon:mark_clover今はどんな研究をしているんですか?
 今私は博士になるために、大学院の博士課程に通って、日々実験と考察を繰り返しています。
研究テーマは、「哺乳類のゲノムインプリンティング(刷り込み)」です。(ゲノムとはDNAのこと)
インプリンティングという言葉を聞き慣れない方も多いのでは?
あまり一般的に知られていない生命現象の一つなので簡単に説明しますね。
 わたしたちの体は細胞によって形づくられていますが、その全てに両親から由来するDNAが
1セットづつ、合計2セット入っています。DNAの中には遺伝子が入っていて、2セットある遺伝子の
ほとんどが等しく働きます。ところが、1984年、哺乳類のDNAにはお母さん由来かお父さん由来かで
働いたり働かなかったりするよう予めインプリンティングされた(刷り込まれた)遺伝子が
存在することが発見されました。
 今まで、遺伝子が2セットあるというのは1つが壊れた時にもう1つがそのはたらきを補う利点が
あると考えられていました。しかし、哺乳類ではその利点を失っている遺伝子たちがいたのです。
 これらの遺伝子には私たちが成長するのに重要な遺伝子が沢山含まれていました。
そして不思議なことに魚、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類といった脊椎動物のなかで、お母さんが
お腹の中で子どもを育て、産む哺乳類だけが、インプリンティングをもっていました。
 なぜ、哺乳類は生きるのに不利になりそうなインプリンティングをするようになったのでしょうか?
私はその答えを得るために、新しいインプリンティング遺伝子を探したり、哺乳類の中の有袋類
(未熟な子どもを産んで袋の中で育てる動物)と私たち真獣類(ヒトやマウスなど)の
インプリンティングがどのように違うのかを明らかにしようとしています。
 DNAや細胞を使った実験は、予想もしていなかった結果が出てくる事がたくさんあるので、
毎日頭を痛めながら実験しています。

今から30年以上前に発見されたのに、それがどうして起こるのかはまだ分かっていない
なんて
icon:face_surprised
いかに生物が複雑なのかが分かりますね。


10091702.jpg

岩崎さんが持っているのは『マイクロピペット』というスポイトの研究者verです。
皆が使っているスポイトの1/1000の量を正確に吸い取る事が出来ます!



icon:mark_cloverなぜ理系に進もうと思ったんですか?
 小さい頃から動物が好きで、小学生の時は動物や鳥、恐竜の図鑑をずっと眺めていました。
外に出て、図鑑に載っている生き物をみつけるのも大好きでした。
あと、おばあちゃんちの裏山もずーっと眺めていましたね。裏山には柿の木が植わっていて、
色んな種類の野鳥がやってくるんです。ある日、変な動きをしている鳥が来ていて、
よくよく見てみると、図鑑でしか見た事がなかったコゲラ(キツツキの仲間)が木をつついていた!
その時とても興奮したのを覚えています。
 動物の名前や特徴を覚えるのは楽しかったですし、なにより「動物の知識なら大人にだって負けない」
というのが、私の自慢でした。
そして、その頃からずっと「なぜ地球にはこんなに面白い形や綺麗な色をした動物がいるんだろう?」
ということを考えていました。その答えを自分自身で見つけたかった。
それで研究者になりたいと思うようになりました。
 また、幸せなことに、私の通っていた小学校の近くには「木原生物学研究所」という
研究所がありました。そこでは毎年一般公開日があって、私は小学校高学年のときにDNA抽出実験を
体験することができました!その時、DNAというものを生まれて初めて見て、「すごい」と思いました。
多分、ここに人間の情報が全部つまってると想像したからでしょう。家に持って帰ってずっと見てました。
その時はHela細胞からDNAを抽出したのですが、Helaさんてどんな人だろうとか、想像をめぐらせましたね(笑)
そのことも研究者になりたいと思った一つの理由です。

10091703.jpg

Hela細胞は30代でこの世を去った黒人女性の細胞です。
彼女が死んだ後も、彼女の細胞は世界中の研究室で増やされています。
彼女の本名を隠すため、"Hela"と名付けられました。

前回、インタビューに応えてくれた蔵地さんもDNA抽出実験を挙げていましたね。
マスターコースで実験するのを楽しみにしていて下さい!



icon:mark_clover普段の生活で、サイエンスを専攻することで得た事は活かされていますか?
 はい。私の場合、「勉強そのもの」というよりは、研究を進めて行く上で学んだことや身に付けたことが、
今の私の生活をより良いものにしてくれていると感じています。
 例えば、身のまわりの人に対して寛容になれたこと。研究では生き物(自然)を相手に、
世界中で誰も知らないことを明らかにするために実験を行ないます。結果は予想と違うことばかり。。。
その結果に怒ったり落ち込んだりしても意味がないですから、どうしてそのような結果になったのかを
じっくり考察します。
人間同士のやりとりも同じで、自分と違う意見を持っている人に対して怒ったり落ち込んだり
しなくなりました。その代わり、相手がどうしてそう考えるのかを知りたいと思うようになりました。
 もうひとつは、積極的になれたこと。私の所属する研究室では、研究に取り組むときは個人の作業ですから、
自分が考えて動き出さないと何も前に進みません。自分が知りたいことは自分で調べる。
分からないことはやってみるしかない。こんな毎日を続けていたら、日常生活でも初めてのことに
積極的に取り組めるようになりました。昔はもっと臆病者だったんですけど...。

手を動かして実験するのも大事ですが、それ以上に考える事も大事なんですね。
皆も実験後に緑の紙に実験から考えられる事を書きますよね!
あれは研究者もしている事なんですよ。


icon:mark_clover好きな実験や、思い出に残る実験は何ですか?
 好きなのは生まれる前のマウスの胎児の解剖です。顕微鏡で見ると透明感のある9.5日目の
マウスの胎児。体節がきれいに並んでいて、うす赤く小さな心臓が動いています。
生き物の形は、本当に美しいと思う一瞬です。

10091704.jpg

右端にいるのが胎児です。
胎児だとマウスなのか、ヒトなのか区別するのが難しいですね。


 思い出に残るのは、研究のためにオーストラリアに行って有袋類ワラビー(小さいカンガルー)の
袋の中にいる赤ちゃんを見たことですね。
もちろんその後は解剖して、さらにシャーレで培養する為の細胞を作りました。
マウスの何10倍も大きい体をもつワラビーですが、生まれたばかりの赤ちゃんはマウスの赤ちゃんよりも
小さいんです!そしてお母さんのお腹の中でおっぱいを飲む為にすごい力で吸い付いています。
「あんな小さい体のどこにそんな力が隠されているんだろう」と驚きました!

10091705.jpg

一緒に写っている手の大きさで、ワラビーの赤ちゃんがどれだけ小さいかが分かりますね!


icon:mark_cloverサイエンス好きな小学生にメッセージをお願いします!
 みなさんには、自然の中で沢山遊んでもらいたいです!実験室で論理的に考えることももちろん
楽しいけど、やっぱり、自然の中には沢山の不思議があります!綺麗な色や形をした生き物がいます!
その感覚をめいっぱい研ぎすませて、大人になっても忘れないでいられたら、きっと楽しい毎日が
送れるのではないでしょうか。
 あとは、サイエンスだけじゃなくて、スポーツをしたり、音楽を演奏したり、興味を持ったことなら
なんでも一生懸命取り組んもらいたいです!
私も音楽が大好きで、中学校の部活ではじめたトロンボーンをずっと続けています。
上手に出来なくて落ち込んだり、皆の前で失敗してもうやりたくないって思うときもあったけれど、
それでも続けていたら必ず上達するし、大勢のお客さんから拍手をもらえるとやっぱり嬉しい!
今はまだ学生なので、自分の研究で拍手をもらったことはないけれど、いつかきっと研究でも
拍手がもらえるように、やり続けたいと思います。
 最後に、サイエンスが好きな皆さんには、身の回りのお友達の意見や気持ちを受け入れられる人で
あって欲しいなと思います!


岩崎さんありがとうございました!
岩崎さんの研究に拍手できる日を楽しみにしています!



icon:mark_clovericon:mark_clover前回のサイエンティストインタビューは ここ をクリックicon:mark_clovericon:mark_clover



栄光サイエンスラボ イトーヨーカドー新浦安校 新村