栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

サイエンスラボとは

栄光サイエンスラボは、子どもたち(年長・小学生・中学生)が、自ら未来を切り拓く<5つの力>を身につけるための科学実験教室です。

科学実験には問題を発見するチャンスがたくさんあります(問題を発見する力)。それらの問題を、計画や仮説をたて(PLAN)実験し(DO)結果をまとめ(CHECK)考察する(ACTION)というP⇒D⇒C⇒Aサイクルで解決します(問題を解決する力)。このP⇒D⇒C⇒Aサイクルを繰り返し行うことで、自然に論理的な考え方が身につきます(論理的な思考力)。そして、それらを子どもサイエンス学会にて人前で発表することにより表現力を養います(表現する力)。これらの4つの力を身につけることで、自分で新しい未来をつくる力につなげていきます(創造する力)。

栄光サイエンスラボはマスコミにも多数とりあげられております。「マスコミ掲載履歴」

身につく5つの力
栄光サイエンスラボ 5つの特徴
自然な形で力が身につく。それには確かな理由があります。栄光サイエンスラボの特長をご案内します。
しっかりと学べる1クラス8名までの少人数定員制! 教師の多くは理系大学出身のプロフェッショナル! 授業はすべてPDCAサイクルに沿って進行 実験で学んだことをみんなの前でプレゼンテーション
しっかりと学べる1クラス8名までの少人数定員制
栄光サイエンスラボは、1クラス8名までの少人数定員制です。一人ひとりに目が行き届くので、小さなつまずきや疑問も見逃さず、しっかりと実験に取り組むことができます。
教師の多くは理系大学出身のプロフェッショナル!
東京工業大学名誉教授・安藤勲博士や東京大学名誉教授・宇宙科学研究所名誉教授・林友直博士など、世界的に有名な先生方にご協力を頂いております。
教師の多くは理系大学出身の科学のプロフェッショナル。プロフェッショナルならではの視線で、子ども達の好奇心を引き出しながら、科学の楽しさを伝え、的確に授業を進めていきます。
授業はすべてPDCAサイクルに沿って進行
授業はすべて、計画や仮説を立て(Plan)、実験し(Do)、結果をまとめ(Check)、考察する(Action)というPDCAサイクルで行います。このサイクルを繰り返すことで、自然と論理的思考力が身につきます。
実験で学んだことをみんなの前でプレゼンテーション
年に2度、これまでの実験で学んだことを、保護者や先生の前で発表するため、「子どもサイエンス学会」を行います。みんなの前で発表することで、表現力やプレゼンテーション力が身につきます。
ピットカード

生徒証を兼ねた「ピットカード」で入退室時刻を記録。
ご希望があれば、お子様が入退室された時にメールでお知らせするサービスもご提供します。