【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

ポストドクターコース(中学1~3年生)2月実験レビュー
[ポストドクターコース(中学生)][横浜校]

牛乳、食塩水・・・混ざっているものを分けられるか実験しました

「分離の科学①」

「分離」とは、色々な物質が混ざっている『混合物』をそれぞれの物質に分けることを言います
分離には様々な方法があるのですが、 今回は「ろ過」と「遠心分離」を実験しました。
「ろ過」は小学校でも習いますが、「遠心分離」は初めて聞いたという子もいました。

まずオレンジジュースと牛乳をマイクロチューブに入れ、遠心分離機にセットします
PD19022301.jpg
そして遠心分離機をスイッチを入れ、回転させます。
PD19022302.jpg
使用した装置の説明書には4000rpmという文字が・・・
これは1分間に4000回転しているという意味です。
「は、早い」と生徒達は驚いていましたが、これでも遠心分離機の中では回転数が少ない方なのです
5分ほど回転させ、中からチューブを取り出してみると・・・
PD19022303.jpg
オレンジジュースが綺麗に
牛乳は見た目の変化はあまりないようです。
次にオレンジジュースと牛乳をろ過してみましたが、 それぞれろ液・ろ過のスピードに違いがありイメージと違う結果になっている子が多かったです

実験を通して、 ろ過は何の違いによって分離ができ、遠心分離は何の違いで分離しているかが理解できたと思います。
身の回りでも実は多くの場所で使用されている「遠心分離」 、ぜひどのような所で使われているものなのか考えてみてください

来月の実験は「電熱線の科学」 次回もお楽しみに

栄光サイエンスラボ 横浜校 栗本