【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

電子工作コース(小学3~中学3年生)1月実験レビュー
[新浦安駅前校][電子工作コース]

EL19012701.JPG
時間が来ると音が鳴る仕組みを、コンデンサを使って作製しました

簡易タイマーを作ろう

最近ではスマートフォンにもタイマーがついていることが当たり前になっていますが、 タイマーを自分でつくることはできるのでしょうか?
今回は容量の違うコンデンサを使用して、音が鳴るまでの時間がどう変わるか確認しました。

EL19012702.JPG
まずは220μFのコンデンサです。
タイマーで時間を計ると、音が鳴り始めるまでに14秒かかっています。

EL19012703.JPG
次は100μFに変更。
すると音が鳴り始めるまでの時間は8秒に短縮されました。
容量の小さいコンデンサに変えると、音が鳴るまでの時間が短くなっています。

EL19012704.JPG
さらに今度は470μF。
もう予想できると思いますが、次は27秒かかっています。
やはり時間が長くなりました。

教室には1000μFのコンデンサもあり、せっかくなのでこちらでも計ってみました
「時間が長くなることはわかると思うので何秒くらいかかるか予想してみよう」
「470μFで27秒なので、1分くらいかなぁ。」

結果は・・・
EL19012705.JPG
57秒!予想に近い数字が出ました

コンデンサを変えることで、音が鳴るまでの時間を調節することができました。
ちなみに今回時間を計測するために使ったタイマーですが、やはり設定した時間が来ると音が鳴るものです。
これも今回の仕組みと同じなのか気になる、と生徒に伝えたところ 「じゃあ分解してみればいいじゃない」とのことでした
確かにその通りですね。
みんなはやりたいと言ってくれましたが、残念ながら時間が足りず今回は断念。
次の授業で時間があったらぜひ取り組んでみたいですね!

栄光サイエンスラボ 新浦安駅前校 饗庭