【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

キンダーコース(年中)12月実験レビュー
[キンダーコース][武蔵小杉東急スクエア校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さい
実験内容が、よりお分かり頂けます

くるくる!コマつくり
みなさんコマ回しをしたことはありますか
コマは、内側と外側で回る速さが違うため、不思議な現象を見ることができます。
今回の実験では、コマに仕掛けをして、回したときに起こる現象を探りました
さて、下のような線が書かれたコマを回すと、どのような模様に見えるでしょうか・・・ K18122301.JPG

今回のコマは、データが入っていないCDに、軸のついたゴム栓をはめこみ作りました。
まずは、何も書かれていないCDでコマを作り、回しました。
K18122302.JPG
次に、おもりをCDにつけて回してみました。
K18122303.JPG
あれれ~、全然コマが回らない・・・
よ~く観察すると・・・
「あおもりが重いから、コマがたくさん回らないんだ
コマにはバランスが大事なのですね

今度は、線が書かれたCDを回してみました。
K18122304.JPG
「丸く見える」 写真では分かりにくいですが、人間の目には線が繋がって中心近くが丸く見えるのです

線だけではなく、CDに色を塗ったり絵を描いたりしてから回してみました。
K18122305.JPG K18122306.JPG
◆左:回す前、右:回っている時

K18123307.JPG K18123308.JPG
◆左:回す前、右:回っている時
「描いたものと違って見える
人によって見え方は変わるため、赤く塗っても回すと黄色や緑色が見えることもあります

回ることによって不思議な模様が見えるのには驚きますね
コマが倒れないことや、描いた模様が違って見えることは、小学1・2年生のバチュラーコースでさらに学んでいきます。
今回は、線の模様を取り上げましたが、△や□などの模様ではどう見えるのか試してみるのもおもしろいですね
次回の実験もお楽しみに

栄光サイエンスラボ 武蔵小杉東急スクエア校 松本