【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

電子工作コース(小学3~中学3年生)8月実験レビュー
[センター北校][電子工作コース]

暑い夏にピッタリの工作
18EL0801.jpg

「簡易扇風機を作ろう」

今回の実験では、モーターや大きな可変抵抗を組み合わせて扇風機を作製しました
回路の主役は「モーター」と「抵抗」です。「抵抗」は電子回路に欠かせない重要パーツですが、パーツに印されている『色』の意味を学びました。これで何オームの抵抗か、テキストなしで見分けることができますね

■実験1■~抵抗の大きさとLEDの明るさ~
この実験では、抵抗値と電流の強さの関係をLEDの明るさで確認しました。
18EL0805.jpg 18EL0804.jpg
18EL0803.jpg

実験結果から ①抵抗値が小さい⇒明るく光った(電流大)。 ②抵抗値が大きい⇒暗く光った(電流小)。
この2つのことが分かりました。
このルールを使って、扇風機を作りました。扇風機には風の強さを調節する仕組みがあります。
今回はこれを「可変抵抗」によって実現させました

■実験2■~簡易扇風機を作ろう~
可変抵抗とは、つまみを回すと抵抗値が変化し、流れる電流を変化させられる電子部品です。
18EL0802.jpg
手元のつまみを回すと、モーターの回転速度が変えられます
しかも、抵抗を最大限にすると扇風機はピタッと止まる仕様にしました

18EL0806.jpg
教室にあった工作素材でホバークラフトもどき・・・
机に置いて涼むも良し、動力にして遊ぶも良し、ですね

今回の実験を通して、抵抗値が光の明るさやモーターの回転速度などに大きく影響しているということを学びました
「抵抗値が小さい→大きな電流が流れる」「抵抗値が大きい→小さな電流が流れる」と、抵抗と電流が逆の関係になっているのが少しややこしかったですね
このような電子部品の特徴はこれからの授業でも取り扱っていきますので、少しずつ慣れていきましょう

次回9月は、風を感知する装置を作りますので、今回作製した扇風機を教室に持ってくると更に楽しいかもしれませんお楽しみに

栄光サイエンスラボ センター北校 髙久