栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

ポストドクターコース(中学1~3年生)6月実験レビュー
[津田沼校][ポストドクターコース(中学生)]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容と合わせてご覧ください
内容が、よりお分かり頂けます

「物質の性質」

今回は、物質の性質について学びました。

物質が温められたり、冷やされたりするとその姿かたちに変化が見られます。
水や氷、ロウを温めていきその変化について調べました。

■実験1■~水の状態変化と体積変化①~
試験管に水を入れ、口に風船を取り付けて、アルコールランプで試験管内の水を加熱しました。
すると、風船がふくらんでいきました。
PD18061401.JPG
では、火を消すと・・・
PD18061402.JPG
風船がしぼんでしまいましたね。
ここまでは、予想通りの様子

■実験2■~水の状態変化と体積変化②~
実験1では最初から風船をつけていましたが、今度は水が沸騰してから取り付けました。
すると同じく風船がふくらんできました。
では、火を消すとどうなるでしょう・・・
PD18061403.JPG
風船が試験管の中に入ってきました
これには、みなさん驚きましたね

■実験3■~ロウの状態変化による体積変化~
細かく砕いたロウソクを試験管に入れ、アルコールランプで温めたのち、冷やすことで起こる変化を見ました。
まず、普段は白いロウソクが溶けると無色透明になることに驚いていました
その後、冷えたときにロウソクに変化がありました。
PD18061404.JPG
ロウソクの中心がへこんでしまいました。
なぜ中心がへこんだのか、生徒のみなさんと順を追って考えていくと・・・
「ロウは冷えて固まると体積がちぢむ」
「ロウは外側から冷やされ、外側から固まる」
このポイントに気が付いてくれました。
つまり最後に冷えて固まる中心部に体積のちぢみのしわ寄せがきて、へこんでしまったのですね。

■実験4■~氷の状態変化による体積変化~
氷と水の体積を合わせて100mLに合わせます。
しばらく待つと、氷がとけて水になりますが、その時に体積の変化はあるのでしょうか?

PD18061405.JPG
結果は一目瞭然そう。 水は特別な存在で、液体より固体の体積が大きいのです。

難しそうな現象も順番に考えていくとナゾを解き明かせます。
ひとつずつしっかり考えていこう

栄光サイエンスラボ 津田沼校 田中