栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

マスターコース(小学3~4年生)5月後半実験レビュー
[錦糸町校]

M18053001.jpg
うわぁ!回った!!

くぎモーターを作ろう

くぎがモーターのようにクルクル回転する・・・こんなヘンな現象を見たことがありますか?
実は、くぎがモーターのように回っている時、「磁力」と「電流」がはたらいているのです。
今回の実験では、くぎ、磁石、電池でくぎモーターを作り、そのしくみに迫ります!!

まずは、磁力と電流の関係を調べました。
アルミパイプを並べ、ネオジム磁石をセット!
その上に置いた炭素ぼうに電流を流します。
M18053002.jpg
「炭素ぼうが左に動いた!!」
では、炭素ぼうに流れる電流の向きを変えてみると・・・
M18053003.jpg
「右に動いたよ」
では、磁石の向きを変えるとどうなるかな?
M18053004.jpg M18053005.jpg
炭素ぼうが動く向きについて「フレミングの左手の法則」で確認!
M18053006.jpg
このポーズ、大人になっても覚えている人が多いのでは?
磁力がはたらくところに電流が流れると「ローレンツ力」という力が生まれます。
磁力や電流には向きがあるため、それぞれの向きを変えると、力がはたらく向きも変わるということが確認できました

次は、この力を利用したくぎモーター作りです!
M18053007.jpg M18053008.jpg
「くぎが回った!!」
時計回り?反時計回り??
くぎにつけたカードを外すと・・・
M18053009.jpg
「速い!ブルブルする
くぎをもっと速く回すためにはどのようにすればよいでしょう?
「電池を増やせばいいんじゃないかな?」
「磁石を2個つけたい!!」
みんなで意見を出し合い、試行錯誤
「スイッチをつけて、くぎが回る向きをもっと楽に変えられるようにしたい!」という子も

くぎは、ローレンツ力によって回り続けました。
磁石と電流によって、ものを動かしたり、回転させることができます。
皆さんは、この力をどのようなところで利用できると思いますか?

栄光サイエンスラボ 錦糸町校 荒谷