栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

キンダーコース(年中)4月実験レビュー
[キンダーコース][武蔵小杉東急スクエア校]

4月からキンダーコースがスタートいたしました
親子で科学に触れ合い、科学の不思議を体感していただく新コースです
字は書かなくて済むように、テキストにはシールを貼って進めていきます
K18042501.JPG

今回の実験は、「もしもし、はじめまして。」
音はどうして聞こえるのかな
音は、空気やいろいろなものが震えているため聞こえるのです

まずは、ミニ実験
おうちの人ののどに手を当てて、声を出してもらいました。
のどが震えているのが感じられたかな・・・
K18042502.JPG

続いて最初の実験です。糸電話を作って音が伝わるか調べました。
紙コップに糸を通して完成です
K18042503.JPG
さて、ここからが本番です。
糸をたるませた時と糸をピンと張った時で音の違いがあるでしょうか?
おうちの人とお話ししてみると・・・
K18042504.JPG
糸をピンと張っている方が聞こえますね
また、作った糸電話を先生の糸電話とつなげてお話ししてみました
K18042505.JPG
先生のお話ししている声が聞こえましたね

2つ目の実験では、糸の代わりに風船で電話を作りました。
ふくらませた長い風船に紙コップをつけて完成です
K18042506.JPG
おうちの人とお話ししてみると・・・
K18042507.JPG
小さな声でお話ししているのに、風船がブルブル震えて大きな音が聞こえました

今回の実験では、色々なものが震えることで音が聞こえることを体感してもらいました。
トライアングルのように、たたくことでものが震えて音が出る楽器もあります
糸電話や風船電話でいろいろな人たちとお話しして、震える様子を確かめてみてください
次回の実験もお楽しみに

栄光サイエンスラボ 武蔵小杉東急スクエア校 松本