栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

プレップコース(年長)11月実験レビュー
[錦糸町校]

P171101.JPG
とべ!ひこうき

プレップコース11月の授業は、飛行機についての実験です!
今回の実験で作るのは、プロペラ付きの飛行機。
P171102.JPG
かっこいいだけではない、プロペラの役割に迫りましょう!!
P171103.JPGP171104.jpg
プロペラがなくても飛ぶことを確認

プロペラをつけて回してみると・・・
P171105.jpg
「かぜがうしろにふいてる!」
P171106.jpg P171107.JPG
反対に回してみると・・・「かぜのむきもはんたいになった!!」
「プロペラをたくさんまわすと、すずしい~

では、飛ばしてみましょう!
P171108.JPG P171109.JPG
「とおくまでとんだ!」 このプロペラ飛行機は、ゴムの力でプロペラを回して風を起こしています。
風が後ろにふいているとき、飛行機は勢いよく前に飛んでいきました!!

-他にプロペラのような形をしているものは?
「ヘリコプター」
「せんぷうき!」
「タケコプター
実験では、タケコプターに似ている「紙トンボ」も飛ばしてみました!
羽の形を少しずつ変えて、飛び方のちがいを観察します
①平らなとき
②少しだけ折り曲げたとき
③たくさん折り曲げたとき
上に飛ぶのは、どれでしょうか?
P171110.jpg P171111PG.jpg
羽を少しだけ折り曲げると、紙トンボは上に飛びました!
たくさん折り曲げると
P171112.jpg
「飛ばなくなった... くるくるまわらないよ!」
紙トンボは、くるくる回転することで下方に風を送り、上に飛ぶ力を得ています。
羽をたくさん折ると、羽に空気がぶつかってしまい、回転のじゃまをする力も大きくなってしまうので、飛ぶことができなくなってしまうのです。
プロペラの「少しだけひねられた形」も、風をおこすためにとても大切なのですね!

今回の実験では、プロペラが後ろ向きに風をおこすと、飛行機が前に進むということを学びました。
「もっと遠くに飛ばしたい!!」とプロペラの巻き数を変えて飛ばす子どもたち★
寒くなってきましたが、晴れた日にはぜひ、広いところで飛行機を飛ばして試行錯誤を楽しんでください

栄光サイエンスラボ錦糸町校 荒谷