栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

マスターコース(小学3~4年生)6月後半実験レビュー
[麻布十番校]

6月後半は「キラキラ光る結晶を作ろう」という実験です
結晶を作りながら、私たちの身近にある宝石のできかたについて学びました

宝石は指輪やネックレスなどのアクセサリーに使われていますね。
きれいだけど高級な宝石って一体どうやってできているの?】
そんな疑問を解き明かしてみました

宝石は地下深くのマグマの中で、鉱物(石や岩のもと)が固まってできます。
このとき、とてもうまくに固まると、きれいな形をした結晶となります。

最初の実験では「ミョウバン」という薬品を使って、結晶のでき方を探りました。
ミョウバンをお湯に溶かして、ミョウバン水を作ります。
そして、このミョウバン水を冷やすとミョウバンの結晶ができるのですが、冷やし方がとても大切

ミョウバン水を2つに分けて、 1つは氷水で早く冷やし、もう1つはそのままにしてゆっくり冷やします。

M2017062102.JPG M2017062101.JPG

するとどうでしょう・・・ 早く冷やした方は、粉のような「小さい」結晶が出てきましたよ

M2017062103.JPG

ゆっくり冷やした方は・・・大きな結晶ができましたね!

M2017062104.JPG

ゆっくり冷やした方が結晶が大きくなることがわかりました
マグマがゆっくり冷えてできた結晶の中でも、大きくて色や形のきれいなものを宝石といいます。
めったにできませんから、あんなにお値段が高いんですね~

つぎに宝石を自分の手で探して、実際に観察してみました

宝石が入った砂や石の中から宝石を探し出します!

M2017062105.JPG
★みなさんとても一生懸命でしたね★

取り出した宝石は、色や形などで分類しました

M2017062106.JPG

宝石を見たCさんは「キレイ~。高く売れるかな?」と言って楽しんで宝石を探していました。
(残念ながら実験用なので、売るのはやめておきましょう・・・笑)

M2017062107.JPG

また、Tさんは「サファイアはお母さんの誕生石だから、プレゼントしよう!」と言っていました。 すばらしい

Tさんが言ってくれたように、月ごとに誕生石という宝石があります。
そして、誕生石にはそれぞれ石言葉があります。 (例えば、4月はダイヤモンドで、「清く美しい。愛や友情を表す」など)

自分の誕生石の石言葉を調べてみると面白いと思いますよ~

それでは次回の実験をお楽しみに

栄光サイエンスラボ 麻布十番校 山口