【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

スペシャリスト講座開催 大きさ図鑑を作ろう!

「栄光サイエンスラボ」では、大学や研究機関を訪ねて、現役の研究者の講義を受け実験を行う「スペシャリスト講座」を、小学生対象に毎年開催しています。

大きさ図鑑を作ろう!
~ウイルスの大きさはどのぐらい?~

<講座内容>
この世界には、ウイルスのように人間よりもずっと小さなものもあれば、逆に、星のように人間よりもずっと大きなものもあります。色々なもののサイズを調べて、自分だけの 「大きさ図鑑」を作りましょう! 講座では、この世界でもっとも小さな素粒子からもっとも大きな宇宙まで、いろいろなもののサイズにふれて、この世界がどんなスケールのもので成り立っているのかを学びます。

<開催日時>  4/11(日)10:00-11:30 or 13:00-14:30

<受講方法>  zoom

<参加対象>  小学1年生以上

<定員>    各20家族

<参加費>   4,400円(税込) お申し込み後、郵送にてお届けする振込用紙にてお支払いをお願いいたします。

企画のチラシはコチラ→https://is.gd/WQOqPD

<申込方法>  3/7(日)11:00-WEBから申し込み開始 ※申込みフォームURLは3/7にお知らせします。

<保護者の皆様へ>
新型コロナウイルスも含め、私たちがこれまでにない状況に立ち向かっていくためには、科学リテラシーがどうしても必要です。科学リテラシーを身に付けるには、読み書きを学ぶのと同じように、一朝一夕でできることではありません。今回のワークショップは、科学リテラシーを高めるための講座として企画されています。

<講師紹介>
秋本 祐希(あきもと ゆき) イラストレーター / 科学コミュニケーター 博士(理学)。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 博士課程修了。 専門は素粒子実験。デザイン関係の仕事をする傍らに素粒子を好きになってもらうためにイラストやマンガを使って素粒子を可愛く解説する「Higgstan(ひっぐすたん)」を運営。

高梨 直紘(たかなし なおひろ) 天文学普及プロジェクト「天プラ」代表 博士(理学)、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻 博士課程修了。専門は天文学。 星や宇宙のいろいろな楽しみ方を探すのが趣味。子ども向けから大人向けまで、天体観望会や宇宙の講演会など、さまざまな企画を実施・運営している。