【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

2020年6月の記事

マスクを観察してみました☆

みなさん、こんにちは
栄光サイエンスラボです。

6月に入って、暑い日が増えてきましたね・・・
感染症対策でマスクをつけている人も多いと思いますが、 マスクをつけていると、さらに暑く感じますね

さて、今ではすっかり必需品となったマスクですが、そもそもマスクの種類はとても多彩ですよね。
紙の使い捨てマスクや、手作りの布マスク、政府から配布された布マスク などなど・・・

一体どんな違いがあるのかな?と思い、顕微鏡で観察してみました

今回、観察したマスクは使用率が高いと思われるこの2種類です。
マスク2枚比較.JPG
◆上:政府から配布された布マスク、下:使い捨ての紙マスク

顕微鏡観察の前に、まず見た目での違いを比べてみました。

【紙マスク】
ひだが入っていて顔の凹凸にフィットできる工夫がなされています。
裏から光を当ててみました。
紙マスク光当ててみた.JPG
光が透けています、そこまで厚くは無いようです。

【布マスク】
ひだはないですが、しっかりとした厚さのガーゼ生地です。
裏から光を当ててみると・・・
布マスク光当ててみた.JPG
やはり厚みがあるので、光がほとんど透けて見えませんね。
厚さだけを考えると布マスクがしっかりとしていることは間違いなさそうです。

では、顕微鏡でも観察してみましょう
いずれも100倍で見ています。
富田さん.JPG
ラボの実験室には顕微鏡があるので、気になるものがあったらすぐに観察できるのがイイですね

【布マスク・顕微鏡観察】
布マスク×100.jpg
布マスクの繊維が、規則正しく格子状になっているのがよく分かりますね。
一見、隙間だらけに見える格子ですが、この格子が何重にも重なってマスクとして機能しているのだと思われます。

【紙マスク・顕微鏡観察】
紙マスク×100.jpg
布マスクに比べると、繊維が色んな方向に複雑に絡み合っているのがわかりますね。
隙間も布マスクより小さいです。
紙マスクは繊維が密になっていることで薄さをカバーしていると考えられます。

もちろん顕微鏡観察だけで、どちらのマスクが有効か、という結論は出せません。
さらにご存じのように、ウイルスの粒子は非常に小さいため、ウイルスの侵入をマスクで防ぐことはできません。

しかし、咳・くしゃみ・会話によって飛沫をブロックする事が、マスク着用の最大の理由です

マスク・手洗い・うがい・消毒・ソーシャルディスタンスの確保など、お互いに気遣って、感染防止対策を行っていきましょう

栄光サイエンスラボ

続きを読む
教室での対面授業再開に向けたガイドライン

【ご通塾にあたって】
・ご通塾の際には、ご自宅で体温計測を行っていただき、37.5度以上の発熱がある場合、風邪の様な症状がある場合など、体調不良の際には、ご通塾をお控えください。
・校舎に到着された際に、体温計測の結果を含め、健康チェックをさせていただきます。体調がすぐれない場合には、ご帰宅いただく場合がございます。

【感染症への罹患の可能性が排除できない場合】
・以下に該当する場合には、ご通塾をお控えください。
① 感染者の同居家族等、濃厚接触者もしくはそれに類する状況にある場合
② 同居する家族が体調不良等で、検査結果を待っているなど、感染の可能性が排除できない場合
③ 海外渡航から帰国後の経過観察期間の場合

【感染を防ぐために】
・ご通塾の際には、必ずマスクの着用をお願いいたします。職員も常時マスクを着用いたします。
・ご通塾の際には、必ずハンカチやハンドタオルなど、口を覆うことができるものをご持参の上、咳エチケットの徹底をお願いいたします。
・校舎に到着された際、休み時間に教室から出た際などには、必ず手洗いまたは手指の消毒をしてください。
・テーブル・机・ドアノブ・電話のスイッチなど多くの方が高頻度に接触する部分については、定期的に清拭させていただきます。

【三密回避のために】
・教室の換気を行うため、窓やドアの開放、換気扇の常時稼働、サーキューレーターによる強制排気などを定期的に行います。
・講師と生徒の距離、生徒と生徒の距離は1メートルを目安に空け指導を行います。
・講師と生徒が近距離で向かい合って授業を行う場合、講師はマスクに加えて、フェイスガードを着用します。

【待合スペース使用中止のお知らせ】
・授業中の保護者の待合スペースの使用を、当面の間、中止とさせていただきます。
・通塾時の送り迎えは原則、教室内には入らず、1階またはエントランスで行っていただきますようお願いいたします。

続きを読む
教室での授業を再開します!

5月からオンライン授業がスタートしておりますが、5月末の緊急事態宣言の解除、そして6月1日(月)の東京都ロードマップにおいてステップ2へと移行し、学習塾の休業要請が解除されました。

それに伴い、栄光サイエンスラボ・栄光ロボットアカデミーも6月より教室での通常授業を再開することとなりました (※注)

※一部校舎では、引き続きオンライン授業となります。
※栄光ゼミナールや栄光の個別ビザビなどとは異なる対応となります。両方にお通いの方はそれぞれから配信される内容をご確認ください。

教室にお越しの際に、生徒の皆さんにご協力をいただいている事があります。

・検温などの健康チェック
マスクの着用
咳エチケットの徹底
手洗い、うがい、消毒

また教室でも、以下のガイドラインに沿って、感染予防に努めます。
【教室での対面授業再開に向けたガイドライン】

久々に教室でみなさんにお会いできるのが、とても楽しみです
みんなで感染予防をしっかりして、楽しい授業にしていきたいですね

栄光サイエンスラボ
続きを読む