【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

イングリッシュコース(小学1~6年生)11月実験レビュー
[勝どき校]

Dye with Flower Ink
花はとてもきれいな色をしていますね!
今回の実験では、花や葉の色を使ってハンカチを染めました!!
E2111101.jpg

花や葉っぱの中には、pigments(色素)があり、それぞれ役割があります。
花の色は昆虫などを引き寄せ、花粉の運搬を助けています。
また、葉の緑は光合成を行い、植物が生きていくために必要な栄養を作り出しています。

【Experiment1】Pigment in Flowers
まずは、花弁の中の色を取り出してみましょう!
ドライフラワーを水に浮かべて、ガラス棒でかき混ぜると...
E2111102.jpg

E2111103.jpg
だんだんと、色が出てきました!
「Wow, it' purple!」

きれいな紫色の液体ができましたね!この紫色、実は色が変わるんです!
レモン汁をいれると...「Pink!」
重そう水をいれると...「Blue!」

これはアントシアンという色素で、植物によくみられる色素です。
中性では紫色で、酸性では赤やピンク、アルカリ性で青や緑や黄色に変わります!
ブドウの紫色やムラサキキャベツの色も同じ種類の色素です!

【Experiment2】Pigment in Leaves
次に、葉の中にある色素を取り出してみましょう。
葉の中のクロロフィルは水に溶けださないので、Ethanol(エタノール)を使用して抽出します。
E2111104.jpg
お湯で温めた葉を湯煎したエタノールにつけてしばらくすると...
E2111105.jpg
葉っぱの色がぬけてエタノールが緑色になりました!
抽出成功ですね☆

ここに白いハンカチを浸して、しばらくすると...
E2111106.jpg
ハンカチが緑色に染まりました!

【Experiment3】Dyeing through tapping a hummer
最後に、たたいて花や葉っぱの形にハンカチを染めてみました!
E2111107.jpg
たたくと花から色素が染み出てきて、色素がハンカチに移りましたね!
お家でもお花や葉っぱを使ってオリジナルの模様をつくってみましょう!

栄光サイエンスラボ 勝どき校 長谷川