【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

マスターコース(小学3~4年生)9月前半実験レビュー
[鷺沼校]

今回の実験テーマは「衝突のしくみとガウス加速器」です
鉄球とプラスチック球を使って、運動エネルギーについて実験しました。

レールの両端に短いストローを貼って、机に固定したら準備完了です。
左から球を転がし、様々な組み合わせで静止している球に衝突させました。
IMG_0449.JPG

鉄球1つをプラスチック球5つに衝突させると...
3.JPG

3.JPG
鉄球に押されて、プラスチック球は全て動きました。
中には、プラスチック球がレールの外へ飛び出てしまった子も...
これは、鉄球1つの方がプラスチック球5つよりも重く、運動エネルギーをたくさん持っているからでしたね。

次は、鉄球1つを鉄球4つに衝突させると...
2.JPG

IMG_0439.JPG
一番右の鉄球1つだけが動き出しました!
最初に動いていた鉄球が持つ運動エネルギーが一番右の鉄球に移動したことが分かります

最後は、レールの真ん中にネオジム磁石を付け、ガウス加速器に作り変えました。
ネオジム磁石に向かって鉄球を転がすと、磁力によってさらに加速され、より大きな運動エネルギーを伝えることが出来ます。

ネオジム磁石の右側に鉄球を2つ以上付けて、もう1つの鉄球を左から転がすと...
IMG_0435.JPG
右側にある鉄球が勢いよく進んでいきました

また、一番右にプラスチック球を置いて実験してみると...
IMG_0447.JPG

IMG_0448.JPG
プラスチック球が飛んでいってしまいました...

その他にも様々な組み合わせで実験し、友達同士で速さを競ったり、的を作って倒してみたり...
みんなそれぞれ、オリジナルのガウス加速器に仕上げていました

次回は「時計反応と振動反応」です。お楽しみに

栄光サイエンスラボ 鷺沼校 松瀬