【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

プレップコース(年長)7月実験レビュー
[鷺沼校]

今回の実験テーマは『ピカピカラボット』です
ラボットを光らせるためには、どのようにすればよいかな?

豆電球や乾電池、導線などを組み合わせたときの電気の通り道のことを「回路」といいます。
回路がつながっていると、豆電球は光りますが...
IMG_0347.JPG
回路が途中で切れてしまうと、豆電球は光りません
IMG_0346.JPG

また、乾電池の数を増やすと、より明るく光ることも確認できましたね。
IMG_0349.JPG

回路について詳しくなったところで、いよいよピカピカラボットを作ります。
両面テープやアルミテープ、ラボット台紙を組み合わせて...完成
IMG_0360.JPG
でもこのままではアルミテープとアルミテープの間に隙間があり、ラボットは光りません。

そこで、アイスクリーム台紙と爆弾台紙を用意しました。
アイスクリーム台紙をラボットの前に置くと...光った
IMG_0352.JPG
一方、爆弾を置いてもラボットは光りません。
IMG_0353.JPG

実は、アイスクリーム台紙の裏にだけアルミテープを貼っていました。
IMG_0354.JPG
IMG_0355.JPG
つまり、アイスクリーム台紙を置くことで、回路がつながり豆電球が光ったということです

最後はアイスクリーム台紙以外にもどのようなものを置くと、ラボットが光るか試してみました。
金属のコップ、ピンセット、薬さじ、ハサミの銀色の部分など...たくさん見つけることが出来ましたね

ちなみに、裏から見るとこのようになっています。
IMG_0357.JPG

ぜひお家でもピカピカラボットを使って、電気の通り道になるものを探してみてくださいね

栄光サイエンスラボ 鷺沼校 松瀬