【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

ドクターコース(小学5~6年生)7月後半実験レビュー
[麻布十番校]

7月後半のドクターコースの実験は「ばねばかりを作ろう」です。
重さのはかり方とばねの性質を学んで、ばねばかりを作る実験をしました。

まず初めに上皿天秤の使い方を復習しました。
分銅の取り扱いやバランス調整の仕方、物の重さをはかる時と一定の重さをはかり取る時の違いなどを確認しました。
D2107241.jpg

次にばねばかりを作製し、10g,20g,30gに調整したおもりをつるしてばねの長さを調べて記録しました。
10gから20g、20gから30gのばねの長さの伸びが等しくなりました。
D2107242.jpg

D2107243.jpg

D2107244.jpg

その後、作製したばねばかりで色々なものの重さをはかり電子天秤ではかった重さと比較したり、おもりを水に入れて浮力とはかりの目盛りの関係を調べるおまけ実験をしたりしました。
D2107245.jpg

D2107246.jpg

入試頻出で苦手意識のある子も多い単元ですが、実際にばねばかりを作製することで興味を持ち、仕組みを学ぶことができたようです。

栄光サイエンスラボ 麻布十番校 中森