【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

プレップコース(年長)5月実験レビュー
[横浜校]

「アニメーションの科学」
今回の実験では、「ゾートロープ」という昔のアニメ装置を作りました
プロペラアニメは、なぜ絵が動いて見えるのでしょうか
ポイントは「少しだけ違う絵」を「素早く入れかえる」ことでした

最初の実験では、表と裏に違う絵が書かれている紙をくるくる回すことで、2つの絵が重なって見えることを確認しました。
P21053001.JPG

次にゾートロープを作り、そこにはめ込むアニメカードを切り取りました
P21053002.JPG

回してすき間から覗いてみると...
P21053003.JPG
「ウータンが動いてみえる~
不思議な現象にみんなびっくり

他のカードでもやってみました
P21053004.JPG

みんなが見ているアニメもこうやって絵をいっぱい準備することで動いてみせています。 アニメを作っている人達は大変ですね
お家でオリジナルのアニメカードを作る用の紙を持ち帰っていますので、 ぜひ保護者の方も一緒に作ってみて下さい力作を期待してお待ちしております

サイエンスラボ 横浜校 栗本