【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

バチュラーコース(小学1~2年生)11月後半実験レビュー
[吉祥寺校]

今回のテーマは「水のもようをうつしとろう」です。
オリジナルの模様を紙に移し取りました
B20112701.JPG

こんな模様をどうやって作るのか、生徒たちは興味津々でした。
水にインクを浮かべて模様を作って紙に移し取ることをマーブリングといいます。
今回の実験はこのマーブリングに挑戦しました。

まずはトレーに水を入れて、インクを爪楊枝でちょんと水面につけてみました。
B20112702.JPG
インクがぱっと広がっていきましたね。
8月前半の「プカプカうかそう」でも実験をしましたが水には、水の粒同士で集まろうとする『表面張力』という力があります。
水の粒たちが手をつないで引っ張り合っているイメージです。
この力でインクは水に浮いています。

さらに違う色のインクをつけていくと...
B20112703.JPG
インクは混ざり合わずに◯がたくさんできました。

ここに爪楊枝をすーっと走らせてみると...
B20112704.JPG
インク同士が混ざり合わないので綺麗な模様ができました

これをろ紙に移し取りました
B20112705.JPGB20112706.JPG
B20112707.JPGB20112708.JPG
みんな同じ赤・青・黄の3色しか使っていないのに全然違う模様ができましたね

次にろ紙を半分だけ水で濡らしてから模様を移し取ってみると...
B20112709.JPG
「なんか半分しか移し取れなないんだけど!」
「水の方にはインクが移らない...
水で濡らしてしまうと、ろ紙の中にいる水の表面張力がバリアになってインクが移し取れなくなる事が分かりました。

オリジナルはがきも作成しました!
B20112710.JPGB20112711.JPG
B20112712.JPG
さっきのとは違う感じになりましたね。

最後に、インクが浮かんでいる水に食器用洗剤をたらしてみると...
B20112713.JPG
パッと端に寄って沈んでしまいましたね
洗剤には水の表面張力を弱めるはたらきがあるので、 水の粒たちが手をつないで引っ張り合っていた手を離してしまうのです。
そうすると水に支えられていたインクは端に寄って沈んでしまうのです。

今回の実験で使ったインクは持って帰っているので 是非、お家でもマーブリングをしてみてくださいね

栄光サイエンスラボ吉祥寺校 鈴木