【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

バチュラーコース(小学1~2年生)6月後半実験レビュー
[勝どき校]

ドレミストロー
2006201.jpg
このストローで、ドレミの歌を演奏できるかな?

今回の実験は音の正体と、音の高さが何によって決まるかについて調べました。

【実験1】ウォーターフルート

ストローにスポイトで水をいれて、下をギュッとおします。 水が上に上がってくると、あれ? 「音がかわった!」「救急車のサイレンみたい!」
2006202.jpg 2006203.jpg
水の高さが上がると、ストロー内の空気がおい出されて少なくなります。
すると音が高くなったことから、音の高さと空気の量につながりがある事を体感しました。

【実験2】ドレミストローを作ろう!

ストローの長さを15.9cmで切って、セロハンテープで片方をふさぎます。
これで、「ド」の音の完成!!
次は14cm...だんだんとストローの長さを短くしてドレミファソラシドのストローを作ります。2006205.jpg 2006204.jpg
息を吹きかけてみると...「わ!ドレミだ!!」 曲を演奏してみるのも楽しいですよ!お家でやってみてね!

【実験3】へんな音のストロー

最後にかわった音の出るストローを作りました! ストローに穴をあけてビニール袋をはりつけます。 2006206.jpg
「うー」と声をだすと...「ヴー!!!」 なんだか怪獣のような声に!!
2006207.jpg
実は、みんなの声で、ビニール袋がビリビリふるえていたのです!
指で触るとそのすごさが良くわかり、音の正体は物のふるえ(振動)という事が体感できました。
みんな、とても楽しそうに吹いてました! 身近なものが、楽しい楽器になりましたね!今度はどんな楽器を作ろうかな?

栄光サイエンスラボ 勝どき校 長谷川