【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

バチュラーコース(小学1~2年生)3月前半実験レビュー
[吉祥寺校]

今回のテーマは ふしぎな潜望鏡
B20032501.JPG

「潜望鏡って知ってる?」
『潜水艦なら知ってるよ~』
『あ!あの潜水艦から出てるやつ?』

そうです。潜望鏡は、海の中にいる潜水艦が海上の様子を確認するための道具です。

「なんで海の中に潜っている潜水艦から海の上がみえるのでしょうか?」
『なにか秘密がある!』
『科学のなんかを使っている。』
「ここはサイエンスラボだもんね。秘密は鏡です!」
『また鏡なの~

前回の実験も鏡を使いましたね。 「ふしぎなかがみのはこ」実験レビューはこちらです。
まずは1枚の鏡を使って自分の後を見てみました。
B20032502.JPG
そうすると、左右が反対に見えましたね。

次に潜望鏡を作りました。 台紙の切り取りや組み立てがちょっと難しかったようですが、最後に鏡を張り付けて、完成です!
B20032503.JPG B20032501.JPG

さっそく、博士カードを潜望鏡の上の鏡の前において覗いてみました
B20032504.JPG B20032505.JPG
『やっぱりね~、そのままの向きで見えないと空と海が逆さまになっちゃうもん。』

では、上の鏡の向きを変えて後が見えるようにして覗いてみました。
B20032506.JPG B20032507.JPG
『あれ?逆立ちしてる
潜望鏡は上の鏡の向きによって見え方が変わります。2枚の鏡を使うと上にあるものが見えるのも光の反射が関係しています。生徒たちは自分で潜望鏡を作れたことが嬉しくて愛着が湧いたようでした。 お家で潜水艦ごっこをしているかもしれませんね。

先生はいつか本物の潜望鏡を覗いてみたいです

栄光サイエンスラボ 吉祥寺校 鈴木