【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

バチュラーコース(小学1~2年生)10月後半実験レビュー
[津田沼校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容と合わせてご覧下さい
内容が、よりお分かり頂けます

空飛ぶ紙リング

今回は、空気の流れによって起こる、様々な現象を観察しましょう
モノの間を空気が流れるとどんなことが起きるのでしょうか?

まずは、吊るしたボールとボールの間に「ふっ」と息を吹いてみました。
B16102001.JPG
「ボールが真ん中によってきた」

次に、紙で作ったろうとをストローの先端につけました。
B16102002.JPG
ろうとにボールをのせて、ストローに息を吹きこむと、ボールがフワフワ吹き上がりそうですが・・・
ボールは全く浮き上がりません。
ボールとろうとの間に空気が流れることで、ボールがろうとの方へ引き寄せられてしまうのですね


最後の実験では、紙を折り込んで、リングを作りました。
リングをまっすぐ投げると、すぐに落ちてしまいますが、リングが回転するように投げると・・・よく飛ぶようになりました
飛ばし方でリングの飛び方が違ってくるのが面白いですね
B16102003.JPG

今回の実験で、空気の流れると、モノが引き寄せられるということが分かりました
投げ方を変えると飛び方が変わる紙リングも不思議でしたね。
ぜひ、広い場所で思い切り飛ばしてみて下さい

栄光サイエンスラボ 津田沼校 田中