【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

ドクター(小学5~6年生)3月前半実験レビュー
[南柏校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容と合わせてご覧下さいicon:note
内容が、よりお分かり頂けますicon:face_smile

icon:cherryblossom「衝突とエネルギー」icon:cherryblossom

今回の実験は、レールから鉄球・プラスチック球を転がし、床に落とした時の飛距離や、
鉄球とおもりを衝突させたときの移動距離を比べる実験です。

「位置エネルギー」「運動エネルギー」という、2つのエネルギーが大きく関係しています。
「今日の内容は、中学校3年生が勉強する内容だよicon:ecstoramation
と話すと
「えっicon:ecstoramationそうなのicon:sweat
とびっくりしていました。

まずは、実験に使う装置を準備します。
D14031101.JPG

準備ができたら、いよいよ実験開始です。

icon:clover鉄球・プラスチック球を机から落として、飛距離を比べようicon:clover
D14031102.JPG
鉄球・プラスチック球が落ちたところをよーく観察icon:glasses
目印を置いていくとどんな結果になったかなicon:question
D14031103.JPG
「高いところから鉄球を落とすとすごく遠くに飛ぶねicon:sparkling
よく気づけていましたicon:ecstoramation

icon:clover鉄球とおもりを衝突させて、移動距離を測ろうicon:clover
D14031104.JPG
条件をいろいろ変えて鉄球を転がします。
それぞれの予想を立ててもらい、実際の結果と比べました。
「やった、予想通りicon:ecstoramation
「思ったより移動しないなicon:face_mistake
など、いろいろな声が挙がりました。
ちなみに、上の写真で転がす鉄球を2個から1個にすると、移動距離はどうなると思いますか?


実験では予想を立てて、実際に確かめてみることが大切です。
身の回りのことでも「こうじゃないかな?」と考えて調べてみると
いろいろな発見がありますよicon:sparkling



栄光サイエンスラボ 南柏校 塗師