【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

3月 イングリッシュコース(小学1~6年生)実験レビュー
[自由が丘校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さいicon:face_smile
実験内容が、よりお分かり頂けますicon:note

3月のイングリッシュコースは「Plants Observation ~starch iodine test~」
E14032501.jpg

植物のでんぷん(starch)が含まれる場所はどんなところだろう?
どんな時だろう?

まずは、前回の復習で上皿天秤(balance scale)を使って
食塩(salt)とでんぷんを5gずつ量り、
ヨウ素液(iodine solution)をかけました。
すると...
E14032502.jpg
"Starch was changed coler! It's dark purple!!"
(でんぷんは色が変わった!紫になったよ!!)
"It's strange!!
(気味悪い~!!)

でんぷんにヨウ素液をかけると青紫色になることが確認できたら
次は様々な植物を使って、
根(root)、葉(leaf)、果実(fruit)、種(seed)に分け、
それを細かくし、ヨウ素液をかけてみました。
E14032503.jpg
さて、一番でんぷんが含まれていたのは、植物のどの部分でしたでしょうか?

最後は、発芽(germination)する前と後でのでんぷんの違いを調べました。

おまけ写真
「紙にヨウ素液をかけたらこんな風になったよ~」
E14032504.jpg
 
E14032505.jpg

実験後は、プレゼンテーションの時間
今回エジソンコースでは、ヨウ素液、発芽などの難しい単語の他に
光合成(photosynthesis)や栄養(nutrition)という単語も学んで、
より科学的に説明で出来るようなプレゼンに挑んでもらいましたが、、。

光合成という単語の発音が難しいかったかな?
次回は是非、Smileを忘れず、感情をこめてプレゼンしてくださいね。

次回の実験は、「What does it light up?」です。
Let's enjoy!



栄光サイエンスラボ 自由が丘校 森田