【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

バチュラー(小学1・2年生)2月後半実験レビュー
[吉祥寺校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さいicon:note
実験内容が、よりお分かり頂けますicon:face_smile

icon:sparklingバチュラーコース 「ピカピカ土だんご」icon:sparkling

今回は、砂とねん土の違いについて実験しました!
お皿やレンガはねん土を使って作るけれど、砂でどうして作れないんだろう?
B1302231.jpg
「うわぁ~、形にすることが全然できないよ~icon:face_embarrassed
砂は、ねん土に比べてつぶがとても大きいので、バラバラになってしまいましたね。

じゃあ、ねん土が入った土は、どうして水たまりができやすいんだろう?
これもいざ実験icon:ecstoramation
砂とねん土がそれぞれ入っている穴あきコップに、水を入れてみようicon:ecstoramation
B1302232.jpg
「すなとねん土だと、水の落ち方が違うぞicon:ecstoramation
ほんとにそうでしたねicon:ecstoramation
砂はつぶが大きいので、すき間がたくさんあるため、水はどんどん下に落ちていくけれど、
ねん土はつぶが小さいので、すき間がないため、水はなかなか落ちていきません。
水たまりは、こうしてできるのですね。

最後はいよいよピカピカ土だんごicon:sun
B1302233.jpg
ねん土を丸めて、スプーンで表面をこすりますicon:note
B1302234.jpg
「見て!すごくピカピカつるつるになってきたよ!」
スプーンでねん土の表面をこすることで、なめらかになって、ピカピカの土だんごができましたねicon:face_smile
ねん土は乾くとどんどん硬くなって、最後は石のようになりますよicon:ecstoramation

土だんごを作りながら、他には石や岩の違いや、砂漠にどうして植物が育ちにくいのかなども、
一緒に考えましたねicon:ecstoramation

今回は、さらに大きなねん土とスプーンを持ち帰っていただきましたicon:ecstoramation
おうちでも砂やねん土について考えながら、大きなピカピカ土だんごを作って、
ぜひ先生に見せてくださいねicon:face_self-conscious_smile



栄光サイエンスラボ 吉祥寺校 磯野