【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

ドクター(小学5・6年生)2月後半実験レビュー
[吉祥寺校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さいicon:note
実験内容が、よりお分かり頂けますicon:face_smile

icon:cherryblossomドクターコース「熱硬化性樹脂の科学」icon:cherryblossom

今回は、皆さんの身の回りにたくさんある「プラスチック」についての学習・実験です!
プラスチックは軽くて丈夫であるため非常にたくさんのものに使用されています。
そのプラスチックは「熱硬化性樹脂」と「熱可塑性樹脂」の2つの性質に分けられます。
今回は、そのうちの熱を加えることで硬くなる性質をもつ「熱硬化性樹脂」の実験です。

自分の好きな形の型をつくったら、その中に2種類のプラスチックの原液を流し入れます。
すると化学反応により熱が発生します。
その熱と周りの空気の熱とで徐々に固まっていきます。
D13021901.jpg
出来上がりは型の形によって様々でした。
こんなすごい作品もありました。
D13021902.jpg
プラスチックは型さえあれば何個でも同じものをつくることができます。

またプラスチックは様々な種類があります。
プラスチックの製品の底を見てみてください。
すると同じプラスチック製品でも実は違う種類が使われていることがわかるはすです。
プラスチックの種類はマークによって示されています。
テキストに表がありますので見比べてくださいね。



栄光サイエンスラボ 吉祥寺校 石黒