【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

バチュラー (小学1・2年生)11月前半実験レビュー
[イトーヨーカドー新浦安校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さいicon:note
実験内容が、よりお分かり頂けますicon:face_smile

今回は、空気を利用して紙を遠くまで飛ばしてみましょうicon:ecstoramation
紙を飛ばすと聞くと、紙飛行機をイメージした人もいましたが...
今回飛ばすのは、コレですicon:ecstoramation
B12110701.jpg
紙で作った輪っかですicon:face_shishishi
いったいコレをどうやって飛ばすのでしょう...icon:question

色々な投げ方で試してみて、どうすれば遠くまで勢いよく飛ぶのか、
教室でたくさん練習しましたねicon:note
教室では狭かったので、ぜひ広いところで投げてみて下さいicon:face_smile

次に、おもちゃで見たことがあるものを作りましたicon:note
B12110702.jpg

B12110703.jpg
さてさて、紙で作ったものと、針金で作ったもの。
どちらが息を吹いたとき、球が浮いたかなicon:question
最初の予想と違う結果になって、ビックリしていた人もたくさんいましたicon:face_shishishi

球が浮かない秘密は、『空気』ですicon:star
空気の流れが球を引きつけていたんですねicon:body_no1

授業の始めに、電車や大きな車が近くを通り過ぎたとき、
体は引きつけられるかな?
それとも飛ばされそうになっちゃうかな?
と質問したとき、「飛ばされちゃう!」と答えた生徒が意外と多くて、
少しビックリしたのと同時にえらいなぁと思いました。
きっと、ホームで電車を待っているときや歩道を歩くとき、
ちゃんと離れたところに立っているということですねicon:body_goodicon:sparkling



栄光サイエンスラボ イトーヨーカドー新浦安校 七澤