【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

実験レビュー

ドクター(小学5・6年生)4月前半実験レビュー
[たまプラーザ校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さい♪
実験内容が、よりお分かり頂けます。

「気体発生とその性質」icon:sparkling

今回のドクターの実験は、中学受験でも頻出の気体発生について行いましたicon:body_no1
まずは、今回扱う酸素・二酸化炭素・水素の3つの気体について性質を確認していきました。
この3つはどれも無色・無臭の気体ですicon:cloudy
さて、どのようにすれば見分けることができるのでしょうかicon:question

ある子が、
「二酸化炭素を調べるのは前回の実験でやったよね??」と自信ありげに言っていましたicon:face_sparkling_smile
前回の実験の内容をしっかりと復習してくれていて非常に嬉しかったですicon:face_smile

予想が終わったら実験開始icon:body_run_away_right
A:二酸化マンガン+過酸化水素水
混ぜてみると、ものすごい勢いでボコボコと気体が発生してきました。
そこに火をつけた線香を近づけてみると・・・
D12041001.jpg
線香の火が炎を上げて燃えましたicon:face_shishishi
さて、この気体はなんでしょうかicon:question

B:クエン酸+炭酸水素ナトリウム
容器にクエン酸と炭酸水素ナトリウムに入れるのに紙のろうとで入れていきましたが、
みんなこばさないように必死に入れていました。
D12041002.jpg
そこに水を入れると、
D12041003.jpg
またしてもものすごい勢いで気体がicon:ecstoramation
同じように火のついた線香を近づけてみると・・・
なんと火が消えましたicon:face_surprised
「火が消えたからこの気体は・・・二酸化炭素だ!」
気体Bはみんなすぐ答えが分かっていました。

C:クエン酸+マグネシウム
発生した気体をシャボン液につけて泡状にしていきました。
D12041004.jpg
そこに火を近づけると、
一瞬火が大きくなってポンっと音が出ましたicon:mystify

ここまで来ると気体A・B・Cの正体が全て分かりました。
6年生の子は、
「何が発生するかはもう習っていたから知っていたけど、
実際にやってみると思ったより火がついてすごかった!面白かった!」
と言っていましたicon:note

やはり、自分で実験をして、どうなるかを確認していくことが何よりも大事だと感じましたicon:face_sparkling_smile

それでは次の実験も楽しく、元気よく実験していきましょうicon:body_biceps



栄光サイエンスラボ たまプラーザ校 栗本icon:glasses