栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

生徒・保護者からの声

イングリッシュ ガリレオコース M.Wちゃんインタビュー
[麻布十番校]

麻布十番校のイングリッシュコース ガリレオクラス(小1~3)に通うM.Wちゃんとお母様にインタビューをさせて頂きましたicon:ecstoramation

EG130912azabu.JPG

中束先生:こんにちは。本日はインタビューにご参加いただき、ありがとうございます。科学に興味を持つようになったきっかけはあるのですか?

お母様:気づいたら好きになっていたのですが、図鑑をよく読んだり、科学技術館での体験など学校以外での経験がきっかけだと思います。

M.Wちゃん:将来、私も科学に関わったお仕事をしたいと思っています!

中束先生:とても、素晴らしいね!今までの実験で一番好きな実験はあるかな?

M.Wちゃん:全部好きです!英語の実験も春休みや夏休みにした日本語での実験も全部、楽しかったです。

中束先生:楽しんでくれて、ありがとう!ところで英語の実験と日本語の実験で違うところがたくさんあるけど、どんなところが一番気になるかな?

M.Wちゃん:日本語の実験は日本語なのでとてもわかりやすく、深く考えることができます。英語の実験では最後にプレゼンテーションがあるところで、少し恥ずかしいです。

お母様:私はレッスンの最後にプレゼンテーションがあるところに魅力を感じています。やはりインプットだけではなくアウトプットもバランスよく経験していくことが大切だと考えています。また、英語ですと思うように気持ちを伝えることができないこともあると思いますが、そんな時に何とか自分の考えを工夫して伝えることができるようになってほしいとも思っています。

中束先生:そうですね。現在では研究者は研究だけしていれば良いという状況ではなく、研究成果が社会に対してどのように還元ができるかなど説明できなければなりません。そして、もちろん世界に対して発信していく必要があるので英語でのプレゼンテーション能力は重要ですね。ぜひ、今後とも宜しくお願い致します。