【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

イングリッシュコース(小学1~6年生)2月実験レビュー
[麻布十番校]

2月のイングリッシュコースの実験テーマは「Air Pressure Magic(大気圧でマジック)」です。
『大気圧』=空気の力を使った、不思議な大気圧マジックのやり方を学習しました

大気圧は空気が私たちの身体やものを、あらゆる方向から押している力の事です
私たちにとって、とても身近な力ですが、空気が目に見えないためなかなか気づきにくい力でもあります。

今回は実験を通して、その大気圧を体感しました
どの実験もまるでマジックのようで、とてもみなさん盛り上がっていました。

①柔らかいプラスチックのシートを滑らかな面に置き、真ん中から引っ張ってみる。
E2019021702.JPG
すると、シートを持ち上げることは出来ません

つぎに、板をあらい面において、真ん中から引っ張ってみます。
E2019021703.JPG
こちらは簡単にシートを持ち上げることが出来ましたね

②小さな型紙を机の上に置き、横から息を吹きかけてみます
E2019021704.JPG
このときは、紙は動いてしまいますが...。

紙を写真のように折って、紙と机の間に息を吹きかけると・・・
IMG_1278.JPG
紙は動きません

③カップに水を満杯まで入れ、上に板をのせます。
IMG_1279.JPG
そして、ひっくり返して、手を放すと・・・
IMG_1281.JPG
水は落ちませんでした!

④水の上にロウソクをうかべて、ロウソクに火をつけます(見やすいように水に色をつけています)。
そして、ロウソクにビーカーをかぶせると・・・
IMG_1285.JPG
なんと、水面が上がりました

これらはすべて、大気圧によっておこっていることなんです
実験をうけた生徒のみなさんは、ぜひこの大気圧マジックをお家の人に見せながら、 しかけを説明してくださいね

それでは次回もお楽しみに

栄光サイエンスラボ 麻布十番校 山口