【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

バチュラーコース(小学1~2年生)11月後半実験レビュー
[桜新町校]

今回の実験テーマは「水のもようをうつしとろう」
できるもようは世界で一つだけのオリジナル

まずはインクを水にたらしてみよう。
インクがパッと広がってうかびましたね!
M181121_1.jpg
水にはつぶがあつまってなるべく小さくまとまろうとする力、 ひょうめんちょう力があります。
インクがうかぶのはこのひょうめんちょう力のおかげ
手をつないで引っぱり合う水の上に、インクがのっているようなイメージですね。

いろいろな色のインクをたらすと・・・
M181121_2.jpg
まざり合わずにきれいなもように...!

もようができたところで、紙にうつしとっていきます。
ぬれた紙とかわいた紙、どちらがきれいにできるかな??
M181121_3.jpg M181121_4.jpg
◆左:すべてかわいた紙、右:右側を水でぬらした紙
「あれっ!ぬれたところは全然うつらない~」

ぬれた紙は水のひょうめんちょう力でインクがういてながれていってしまうのです

「じゃあぬらさないように気をつけなくちゃ!」
いよいよお待ちかね、オリジナルハガキをつくってみましょう

「本番だと思うときんちょうする~」
「きれいなもよう、作りたいなあ・・・」
思い切って・・・えい!
M181121_5.jpg
きれいなもようができました~

さいごにインクをうかべるのにつかったトレーをきれいにしましょう
インクがうかんだ水にせんざいをたらすと・・・
M181121_6.jpg
「わっ!すごく速くうごいた!!」
「インクがはじっこに行っちゃった~

せんざいは水のひょうめんちょう力を弱めるはたらきがあります。
引っぱり合っていた水が、真ん中から手をはなしてしまったら・・・?
インクもろともはじへ引っぱられてしまいますね!

このせんざいのパワー、せんたくものに水をしみこみやすくするのにもつかわれています
科学は、身近なものに役立っていることが分かりました

次回の実験は「メダカのすがた」です!
お楽しみに~

栄光サイエンスラボ 桜新町校 水野