栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

バチュラーコース(小学1~2年生)9月後半実験レビュー
[桜新町校]

今回の実験テーマは「マジカルスティック」
ふしぎな科学マジックに挑戦しましょう!

マジカルスティックはある2つの力を使ってマジックをする道具です。

まず一つ目は磁石の力です。
磁石にはあるものをくっつける力があります。
あるものとは、なんでしょうか?

「なんだろう...?」
「わかった!『てつ』だ!」

その通りです! じしゃくは『てつ』をくっつける力があります。
この力はうすい紙やプラスチックなども通りぬけることができるんですよ

試しに、プラスチックのパイプの中に磁石をいれて、クリップを近づけると...

1809B2①.JPG
「あ、くっついた

じしゃくの力はプラスチックを通りぬけることができましたね!
では1円玉はどうでしょう?

1809B2②.JPG
「あれ、くっつかない・・・」

それもそのはず!
1円玉は『アルミニウム』というものでできているので、磁石でくっつけることができません。
これで、磁石の力について、しっかりわかりましたね

そして、マジカルスティックに使われているもう一つの力は『浮力』です。

では、浮力を確かめる実験をしてみましょう

ミニ試験管に空気を閉じ込めて、先ほどのパイプに水を入れてフタを閉じます
そして、パイプをひっくり返すと...
1809B2③.JPG
「わー、試験管が浮かんだ!」

実は、このとき試験管は浮力によって、水に浮かんでいます。
空気の入った試験管は、同じ大きさの水よりも軽いので水に浮くことができるんですね~

そして最後にお待ちかね!磁石の力と浮力を使ってマジカルスティックを作ります!

まず、試験管の中に磁石を入れて、パイプの中に入れます。
次に先ほどと同じように水を入れてフタをします。

これでマジカルスティックは完成です↓
1809B2④.JPG

ここに、裏面にクリップを貼り付けたキャラクターカードを近づけると...
1809B2⑤.JPG 1809B2⑥.JPG
「テントウムシが勝手にパイプをのぼってる!!」

キャラクターがマジカルスティックをひとりでにピョコピョコとのぼっていきます。
不思議ですね~

さて、この科学マジックのしかけはわかりましたか?
ヒントは今回の実験で勉強した『磁石の力』と『浮力』です、ぜひ考えてみてください
しかけがわかったら、お家の人にマジックを見せてから、ネタばらしをしてみてくださいね

栄光サイエンスラボ 桜新町校 奈良輪