栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

ドクターコース(小学5~6年生)5月前半実験レビュー
[練馬校]

ゴールデンウィークや夏休みにバーベキューをした方や計画している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回の実験では、バーベキューに欠かせない『木炭』の秘密を探りました

Yくん「先生、木炭に秘密なんてあるの?」
先生「あります!まず、木炭はどうやって作られているでしょうか?」
Yくん「うーん、知らない・・・
では、実際に自分で作って、その秘密を解き明かしましょう

木炭は、木材を酸素が少ない状態で加熱することによって得られます
これを「乾留(かんりゅう)」といいます。

では、木材を乾留してみましょう。
D18051601.JPG
このような実験装置を組んで、加熱しました。

しばらく加熱していると・・・
D18051602.JPG
ガラス管の先から白い煙が出てきました。
この煙に火を近づけてみると・・・
D18051603.JPG
なんと、火がつきました
この白い煙の正体は「木ガス」です。
子どもたちは、火を近づけると何かが起こるとは予想していたようですが、木ガスが燃える事にとても驚いていました

試験管の中には、なにやら茶色や黒色のものがたくさん出来ていました。
D18051604.JPG
中を調べようとゴム栓を開けた途端に、「くさーい」・・・この独特な臭いを持つ黄色の液体は「木酢液」です。
何年経っても忘れられない、思い出の香りとなるでしょう・・・
また、試験管の中にはこげ茶色の液体「木タール」、そして今回の目的物の「木炭」がありました。

最後に自分たちで作った木炭と、木材の違いを調べました
D18051606.JPG D18051605.JPG D18051607.JPG
色、形、燃え方、燃焼時間、重さなど、いろいろな違いが見つかりました

そして、どうしてこのような違いがあるのかを考えていきました。
するとバーベキューをするときに、何故木材ではなく、木炭を使うのかが見えてきました。
これから、バーベキューをされる時には、木炭だけでなく木材でも肉や野菜を焼いてどうなるのか検証してみるのも面白いかもしれませんね

栄光サイエンスラボ 練馬校  鈴木