栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

イングリッシュコース(小学1~6年生)5月実験レビュー
[南浦和校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さい
実験内容が、よりお分かり頂けます

「Fun with the Electric Light Bulb」

今回の実験では、豆電球「miniature light bulb」や電気回路「electric circuit」について学びましたね

まずは、豆電球「miniature light bulb」の観察からスタート!!
E18052801.jpg
ガラス球「glass bulb」の中にはフィラメント「filament」とよばれるバネのような形をしたものがありましたね。 実はここに電流が流れると光るしくみになっているのでした

次にソケット「socket」を使わずに、豆電球を光らせるにはどうしたらよいか考え、実験をしましたね。
正解は、豆電球の口金「base」とへそ「fitting」に導線をつなぐと、豆電球が光ります!
(注:小学生向けにイメージしやすい単語を採用しています)

ここからは「あっ!!」と驚く実験です
まずは、先生がみなさんの豆電球のガラス球を割ってしまいます!
フィラメントがむき出しの状態になってしまいました
この状態で豆電球に電流を流すと・・・
E18052802.jpg
豆電球は一瞬明るく光ってすぐに消えてしまいました
フィラメントの様子を観察してみると・・・
E18052803.jpg
「あれ?フィラメントが切れてる!?」
でも、どうしてなのでしょうか・・・

実験の最後は、豆電球2個、乾電池1個を使って目が光る顔づくりをしましたね。
どんな顔にするかは自由
E18052804.jpg E18052805.jpg
顔ができ、電気回路をつくると目が光ったね
E18052806.jpg
【二つの目が明るく光る】
E18052807.jpg
【二つの目が少し光る】
E18052808.jpg
【一つの目しか光らない】

どうしてこんな違いがおこるのでしょうか?
豆電球と電池のつなぎかたをヒントに考えてみてください。

栄光サイエンスラボ 南浦和校 水野