【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

マスターコース(小学3~4年生)4月前半実験レビュー
[南柏校]

水面を揺らしながら、華麗に走る蒸気船
M18041101.JPG

「蒸気船を作ろう」

今回の実験は、水蒸気を利用した船を作ります。
ある男子は、来るやいなや 「今回の実験、とっても楽しみにしていたんだよね早く作りたい」 と笑顔で話してくれました

ところで、水蒸気をどのように利用するのでしょうか。
今回は「体積(かさ)」に注目します。
水が加熱されて、水蒸気になると、体積が1650倍にもなります

そこで、実際に水を水蒸気にすると、どうなるか実験してみました。

M18041102.JPG
まずは、紙コップの中に生石灰という薬を入れます。

M18041103.JPG
袋をかぶせて密閉し、中の空気を抜きます。
袋の角を小さく開け、水を入れてセロハンテープで穴をふさぐと・・・

M18041104.JPG
なんとふくろがふくらんできました紙コップもかなり熱くなっています。

M18041105.JPG
しばらくすると、ふくろがだんだん小さくなっていきます。

このことから、水⇔水蒸気の変化により、体積も変わることがわかりますね

では、この原理を使って、さっそく蒸気船作りに挑戦です
できたら、水の上に浮かべます。
M18041106.JPG M18041107.JPG

「めちゃくちゃ速い!」
「ローソクの長さで、スピードが変わるんだ、すげーっ!」

いや、とっても楽しそうです
1日中やっていても飽きなさそうですね

ところでどうやってこの船は動いているのでしょうか? 秘密は、このパイプにあります。
このパイプの中を水でいっぱいにして、 写真のようにロウソクを置いて、火をつけます。
すると、パイプの中の水があたたまって水蒸気になります。

さて、パイプの中の水が水蒸気になると、どうなるのでしょう?
私の解説はここまで。ぜひ、頭をひねって考えてみてください

ヒントは、袋の大きさが変化した、実験結果に注目です。

栄光サイエンスラボ 南柏校 塗師