【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

ドクターコース(小学5~6年生)3月前半実験レビュー
[南浦和校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さい
実験内容が、よりお分かり頂けます

「衝突とエネルギー」

今回は、ものの動きを探る実験をしました。
まずは実験装置をつくることからスタート!
D18030901.jpg
これができた実験装置です!
ビニールパイプから球を転がして、装置から飛び出した球の飛距離や、おもりに衝突させた時の移動距離を調べていきました。

【実験1】鉄球とプラスチック球をいろいろな条件で転がして、その飛距離を比べると・・・
D18030902.jpg
飛距離が長かったのは高いところから転がした時でしたね!
◆でも、なぜ高いところから転がすと飛距離が長くなるのでしょうか?

【実験2】 いろいろな条件で鉄球を転がし、おもりに衝突させたときの移動距離を比べると・・・
D18030903.jpg
移動距離が長かったのは、重い鉄球を高いところから転がしたときだということがわかりましたね!
◆でも、どうして重い鉄球を高いところから転がすと移動距離が長くなるのでしょうか?

今回は目に見えないエネルギーが関係していることがわかりましたね!
「エネルギー」とは他の物を動かしたり、形を変えたりすることができる能力のことです。
高いところにある物がもつエネルギーを「位置エネルギー」といい、動いている物がもつエネルギーを「運動エネルギー」といいます。
高い所にあるものはエネルギーをたくさん持ち、それを運動エネルギーに変えることができます。
だから【実験1・2】で高い所から転がしたものは、たくさん動いていたのですね。
ちなみに、ジェットコースターはこのエネルギーの移り変わりで動いているのです!

エネルギーには光エネルギーや熱エネルギー、電気エネルギーなどいろいろな種類があります。
みなさんの身のまわりのこういったエネルギーについても、調べてみてはどうでしょうか!

栄光サイエンスラボ 南浦和校 水野