【栄光サイエンスラボ】幼児・小学生・中学生のための科学実験教室

科学実験!先生ブログ

ドクターコース(小学5~6年生)2月後半実験レビュー
[桜新町校]

今回の実験テーマは「飛ばせ!ロケットエンジン」
推進力を生み出して、ロケットをどかん!と飛ばしましょう

ロケットが前に進む力を「推進力」といい、今回は「燃焼」でその力を生み出していきます。
燃焼によってどのくらいのパワーを生み出せるのか、いざ実験です

このペットボトル、ロケットのようにドカンと飛ぶほどのエネルギーを持っていそうですか?
1802D②1.JPG
◆ 「うーん、弱そう・・・」

紙コップを使って、どのくらいのパワーがあるのか見てみましょう。
ペットボトルに点火!
1802D②2.JPG

すると・・・ 「「すごい音がして、紙コップが飛んだ」」

紙コップは勢いよく天井まで飛んでいってしまいました

実は、このペットボトルにはアルコールが吹き込んであります。
火を近づけるとアルコールが燃焼して、水蒸気と○○○○○ができます。
この2つが口から勢いよく吹き出して推進力となるのですね。

他にも、ものが燃焼すると「光」や「熱」がでてきます。
点火後のペットボトルを触るとあたたかいですね。
部屋を暗くして実験すると、点火した瞬間に光る様子も見ることができました。

さあ! 燃焼のパワーが分かったところで、いよいよロケットを飛ばしましょう!

アルコールを吹き込んで、点火準備よし!いざ・・・!
1802D②3.JPG

「「・・・・・・」」

教室の端から端まで、勢いよくペットボトルは進んでいきました。
この勢いにはみんなびっくり

ロケットだけではなく、飛行機や車も燃焼によって動くためのエネルギーを得ています。
今回は、身の回りでよく使われている燃焼のパワーの大きさにみんなで驚いた実験でした

栄光サイエンスラボ 桜新町校 奈良輪