栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

ドクターコース(小学5~6年生)12月前半実験レビュー
[南浦和校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さい
実験内容が、よりお分かり頂けます

「蒸発の科学」

今回は「蒸発」に関わる二つの実験を行いました。

①水溶液を蒸発させる。(蒸発乾固)
4種類の水溶液、「炭酸水」・「砂糖水」・「食塩水」・「エタノール水」を試験管に用意します。
ただ、どの試験管にどの水溶液が入っているかはヒミツです
D17120901.JPG
これをいくつかの方法で調べ、水溶液を当てることを行いました。
まずは、「見た目」と「臭い」です。
Aくん「これは炭酸水だな!」
先生「どうして?」
Aくん「だって泡が出てるもん!」
Bくん「う~ん、こっちは消毒のにおいがするからエタノール水じゃないかな。」
Cくん「僕もそんな感じがする。」
するどく観察していますね

次に、BTB液を加えて液性を調べました。
結果は・・・
D17120902.JPG
Dくん「炭酸水とエタノール水はわかるんだけど、砂糖水と食塩水がまだわかならいなぁ・・・

そして、最後に「蒸発乾固」を行いましたね。
それぞれの水溶液を少量採り、アルコールランプで加熱します。
D17120903.JPG
Aくん「水がどんどん減っていく!」
先生「なんでだろう?」
Cくん「水が蒸発するからだよ。」
Bくん「なんか黒いものが残ったぞ!これは砂糖じゃない?においも甘いし。」
Dくん「こっちは白い粉みたいなものが残ったよ。食塩じゃないかな?」
D17120904.JPG
先生「でも本当に食塩かな?」
「食塩かどうかはあるものを使うとわかります!なんでしょう?」
Cくん「顕微鏡!!」
先生「見てみようか!」
みんな「わ~!サイコロみたいに結晶がしかくい!」

溶けている物質によって蒸発させた時の様子には違いがあります。
砂糖と食塩は「固体」、エタノールは「液体」、炭酸は「気体(二酸化炭素)」でした。
その違いを利用して水溶液を特定することができましたね。

②水溶液を蒸発させ、発生した水蒸気を集める。(蒸留)
試験管に入れた緑色の色水を加熱し、沸騰させます。
D17120905.JPG
発生した水蒸気をもう一つの試験管に運び、冷やすと・・・
D17120906.JPG
みんな「すごいきれいな水がでてきてる!」
Aくん「緑色はもとの試験管に残ったままだね。」

今回は「蒸発」に関する実験を行いました。
洗濯物が乾くことや、水たまりがいつの間にか消えてしまうなど、とても身近な現象なのですね

栄光サイエンスラボ 南浦和校 水野