栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

バチュラーコース(小学1~2年生)12月後半実験レビュー
[桜新町校]

今回の実験テーマは「影の動きと日時計」
「影」のでき方をマスターして、最後には影で時計を作ります

B171223①.JPG
ここにアルミカップとビーカーがあります。 影ができやすいのは・・・?

B171223②.JPG
「アルミカップ」ですね。 なぜビーカーだとはっきり影ができないのでしょうか?
影のできやすいもの、できにくいものをたくさん探して、 その理由を考えてみましょう。

B171223③.JPG B171223④.JPG
「計量カップの影はぼんやり・・・」
「クリスマスツリーの影はできたよ

影は光を邪魔するものがあるとできました。
透明のものは光を通すため、はっきりした影はできませんでしたね。

では、今度は影の大きさを変えてみましょう。
光の当て方を変えると・・・?

B171223⑤.JPG
「えんぴつの影が私の身長よりも長い
「ビル群みたい

このような長い影、みなさん見覚えはありませんか?
夕方、太陽が沈む前の時間帯にこのような長い影をよく見かけますね。

太陽は朝に東の空からのぼり、夕方に西の空に沈むという決まった動きをします。
そのため、夕方には決まって長い影が東に現れます。

この『太陽の動きに合わせて、影も毎日同じ動きをする』という現象を利用すると、 時計を作ることが出来ます

朝の太陽になりきって、東から光を当ててみると・・・
B171223⑥.JPG
「時計の針がでてきた
「朝8時の太陽だって

ラボではみなさんに太陽になりきってもらいましたが、ぜひ本物の太陽でも時間を確認してみましょう

栄光サイエンスラボ 桜新町校 奈良輪